古事記

5分で読める「古事記」上巻(14)・天孫降臨

スポンサーリンク

楽天スーパーセール開催中(6/4・20:00~6/11・01:59)

古事記・上巻

ニニギが地上の統治者に命じられる

国譲りが成功したという知らせを受けたアマテラスは、息子のアメノオシホミミに地上を統治させようとしました。

ところが、「天降りの準備をしている間に、子のニニギが生まれたので、この子を地上に遣わせるのが良いでしょう」と答えました。

そこで、アマテラスはニニギに地上の統治を命じました。

道案内の申し出

ニニギが高天原たかあまはらからいよいよ地上に降りようと、天の八衢やちまたという別れ道にさしかかった時、高天原と葦原中国あしはらのなかつくにの両方を照らす神が立っていました。

正体を確かめるよう命じられたアメノウズメが名前を聞くと、その神は国津神のサルタビコと名乗り、一行を先導するために迎えにきたとのことでした。

ニニギの降臨

こうしてニニギ一行は、五柱の神を伴って高天原を出発することにしました。

この五柱の神を五伴緒神いつとものおかみと言います。

この時、アマテラスは三種の神器である八咫鏡やたのかがみ八尺瓊勾玉やさかにのまがたま草薙剣くさなぎのつるぎに三柱の神を添えてニニギに授けると、「この鏡を私だと思い、私を拝むのと同じように敬って祀りなさい」と命じました。

こうして準備が整えられ、ニニギは筑紫つくし日向ひむか高千穂峰たかちほのみねに降り立ちました。

ニニギはアメノオシホミミの子で、アマテラスの孫にあたります。そのニニギが地上に降り立ったので天孫降臨てんそんこうりんと言います。