日本の神様

闇御津羽神(くらみつはのかみ)と御利益




スポンサーリンク

闇御津羽神とは

【神格】水神、龍神、水源の神、井戸の神、灌漑の神
【性別】女神
【分類】国津神
【親】イザナギ(神剣アメノオハバリ)

イザナギがカグツチを斬った時、剣の柄に溜まった血が、指の間から漏れて生まれてきた神様です。

クラは「谷」、ミツハは「弥都波能売神」のミツハと同じで水の神で、谷あいを流れる川を象徴した神様だと言えます。

闇龗神(くらおかみのかみ)と御利益
闇龗神とは 【神格】水の神、雨乞いの神 【性別】女神 【分類】国津神 【親】イザナギ(神剣アメノオハバリ) イザナギがカグツチを斬った時、剣の柄に溜まった血が、指の間から漏れて生まれてきた神様です。 高龗神(たかおかみの...
伊邪那岐命(いざなぎのみこと)・伊邪那美命(いざなみのみこと)の神産み
イザナギ・イザナミは国産みを終えた後、さまざまな神様を生み出しました。 伊邪那岐命・伊邪那美命の間に生まれた神 二神の間には、住居に関わる神、自然に関わる神、生産に関わる神様がたくさん生まれました。 伊...

御利益

祈雨・止雨、農水安全、治水など

祀られている神社

  • 賀久留神社(静岡県浜松市)
  • 堤根神社(大阪府門司市)※末社の三宝宅神社
  • 劔神社(福岡県直方市)
ラノベ古事記 日本の神様とはじまりの物語
created by Rinker