日本の神様

闇御津羽神(くらみつはのかみ)と御利益

スポンサーリンク

闇御津羽神とは

【分類】国津神
【性別】女神

イザナギがヒノオカグツチを斬った時、剣の柄に溜まった血が、指の間から漏れて生まれてきた神様です。

名前の「闇」は谷、御津羽は「水つ早、三つ走」という意味を持つことから、クラミツハは水の神で、谷あいを流れる川を象徴した神様だと言えます。

闇龗神(くらおかみのかみ)と御利益
闇龗神とは 【分類】国津神 【性別】女神 イザナギがヒノカグツチを斬った時、剣の柄に溜まった血が、指の間から漏れて生まれてきた神様です。 タカオカミと同一神とも言われていて、一節では、クラオカミは「谷底暗闇の龍神」、タカオカ...
5分で読める「古事記」上巻(2)・神生みと黄泉国
古事記・上巻 天地のはじまり 神生みと黄泉国 三貴子の誕生 天照大御神の誓約 天岩戸神話 五穀の誕生 ヤマタノオロチ 因幡の白うさぎ 大穴牟遅神の死 ...

御利益

祈雨・止雨、農水安全、治水など

祀られている神社

  • 賀久留神社(静岡県浜松市)
  • 堤根神社(大阪府門司市)※末社の三宝宅神社
  • 劔神社(福岡県直方市)