日本の神様

玉祖命(たまのおやのみこと)と御利益




スポンサーリンク

玉祖命とは

【神格】玉造の神
【性別】男神
【分類】国津神
【親】不明

岩戸隠れの際に、八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)を作った神様です。

この勾玉は太玉串に飾られて、アマテラスに捧げられます。

天孫降臨の時には五伴緒神(いつもとのおかみ)の一柱として、ニニギに付き従っています。

玉造部の祖神とされています。

※玉造部とは、勾玉などの玉類の製作に従事した職業部のこと。

簡単にざっくり解説。天岩戸隠れと事件にまつわる神々
誓約で身の潔白を証明したスサノオでしたが、高天原に居座り、さらに暴れん坊ぶりを発揮します。 そのせいで高天原が滅茶苦茶になり、多くの神々からアマテラスに苦情が殺到。 しかし、アマテラスは「何か考えがあってのことだろう」と...

御利益

宝石、眼鏡、レンズ、カメラなどの産業守護

祀られている神社

  • 全国の玉祖神社
  • 玉諸神社(山梨県甲州市)
  • 玉祖神社(大阪府八尾市)
  • 石作神社・玉作神社(滋賀県長浜市)※玉作神社
  • 玉祖神社(山口県防府市)
ラノベ古事記 日本の神様とはじまりの物語
created by Rinker