日本の神様

意富加牟豆美命(おおかむづみのみこと)と御利益

スポンサーリンク

意富加牟豆美命とは

【分類】国津神
【性別】不明

イザナギがイザナミを取り戻そうと黄泉国に赴きましたが、禁忌を犯してその姿を見たことで、黄泉国の神々に追われることとなります。黄泉比良坂よもつひらさかの麓まで逃げてきた時に、生えていた桃の実3個を投げつけると追手が退散し、逃げ切ることができました。

この功績により、桃の実はイザナギからオオカムヅミの神名を授けられ、我を助けたように葦原中国あしはらのなかつくにの人々が苦しんでいる時に救ってほしいと命じらました。

名前には「大いなる神のミ(霊威)」という意味があります。

5分で読める「古事記」上巻(2)・神生みと黄泉国
古事記・上巻 天地のはじまり 神生みと黄泉国 三貴子の誕生 天照大御神の誓約 天岩戸神話 五穀の誕生 ヤマタノオロチ 因幡の白うさぎ 大穴牟遅神の死 ...

御利益

厄払い、災難除け、病気平癒、不老長寿など

祀られている神社

  • 行田八幡神社(埼玉県行田市)※境内社
  • 熊野神社(東京都多摩市)
  • 桃太郎神社(愛知県犬山市)
  • 赤國神社(京都府綾部市)※境内社
  • 桃島神社(兵庫県豊岡市)
  • 新治神社(富山県黒部市)
  • 多伎藝神社(島根県出雲市)
  • 賀茂神社(徳島県阿波市)