日本の神様

伊斯許理度売命(いしこりどめのみこと)と御利益




スポンサーリンク

伊斯許理度売命とは

【神格】金属加工の神、鍛冶の神
【性別】女神
【分類】国津神
【親】アメノヌカド

岩戸隠れの際に、八咫鏡(やたのかがみ)を作った神様です。

八咫鏡に先立って日像鏡・日矛鏡(ひがたのかがみ・ひぼこのかがみ)も鋳造しています。

天孫降臨の時には五伴緒神(いつもとのおかみ)の一柱として、ニニギに付き従っています。

名前のイシコリは「鋳(い)凝(しこ)り」として鋳造における溶鉄の凝固とする説や、「石凝」として石を切った鋳型に溶鉄を流して固まらせるとする説があります。

ドメは女性首長を意味しているとも言われています。

簡単にざっくり解説。天岩戸隠れと事件にまつわる神々
誓約で身の潔白を証明したスサノオでしたが、高天原に居座り、さらに暴れん坊ぶりを発揮します。 そのせいで高天原が滅茶苦茶になり、多くの神々からアマテラスに苦情が殺到。 しかし、アマテラスは「何か考えがあってのことだろう」と...

御利益

鉄鋼、金物業守護、産業開発など

祀られている神社

  • 七社神社(東京都北区)
  • 鞴神社(大阪府大阪市天王寺区)
  • 鏡作坐天照御魂神社(奈良県磯城郡田原本町)
  • 日前神宮・國懸神宮(和歌山県和歌山市)※日前神宮
  • 中山神社(岡山県津山市)
  • 岩山神社(岡山県新見市)
ラノベ古事記 日本の神様とはじまりの物語
created by Rinker