日本の神様

天児屋命(あめのこやねのみこと)と御利益




スポンサーリンク

天児屋命とは

【神格】言霊の神、祝詞の祖神
【性別】男神
【分類】国津神
【親】ココトムスビ・コトノマチヒメノミコト

岩戸隠れの際に、アメノコヤネが美しい声で祝詞を発すると、興味を惹かれたアマテラスは岩戸の隙間を少し開けました。その時、フトダマとともに八咫鏡(やたのかがみ)を差し出しています。

名前のコヤネは「小さな屋根のある建物」という意味で、神託のための場所を神格化したものと考えられています。

天孫降臨の時には五伴緒神(いつもとのおかみ)の一柱として、ニニギに付き従っています。

古事記によると、古代の豪族である中臣氏の祖神になったとされています。

簡単にざっくり解説。天岩戸隠れと事件にまつわる神々
誓約で身の潔白を証明したスサノオでしたが、高天原に居座り、さらに暴れん坊ぶりを発揮します。 そのせいで高天原が滅茶苦茶になり、多くの神々からアマテラスに苦情が殺到。 しかし、アマテラスは「何か考えがあってのことだろう」と...

天児屋命の子

  • アメノオシクモノミコト
  • アメノウワハルノミコト
  • アメノシタハルノミコト
  • タマヨリビメ

御利益

国家安泰、学業成就、開運厄除、諸願成就など

祀られている神社

  • 全国の春日神社
  • 鹿島神宮(茨城県鹿嶋市)※摂社の坂戸神社
  • 五社神社(静岡県浜松市)
  • 吉田神社(京都府京都市左京区)
  • 大原野神社(京都府京都市西京区)
  • 蜂田神社(大阪府堺市)
  • 枚岡神社(大阪府東大阪市)
  • 春日大社(奈良県奈良市)
ラノベ古事記 日本の神様とはじまりの物語
created by Rinker