日本の神様

天照大御神(あまてらすおおみかみ)と御利益




スポンサーリンク

天照大御神とは

【神格】 高天原主神、太陽神、幡織神、農業神、皇祖神
【性別】女神
【分類】国津神
【親】イザナギ

イザナギが黄泉国から戻って禊をした際、洗った左目から生まれた神様です。

三貴神の長女で、ツクヨミとスサノオの姉になります。

イザナギから命じられ、高天原を統治する主宰神となります。

有名な天岩戸(あめのいわと)神話では、高天原に昇ってきたスサノオの乱暴狼藉を恐れ、洞窟(天岩戸)に身を隠してしまいます。すると世の中が真っ暗となり、悪霊が暴れまわって世界中に災いが起こりました。これはヤバイと思った高天原の神々の作戦により、洞窟から引き出されたことで、世界に光が戻り、悪霊と災いが消え去りました。

国譲りや天孫降臨の際、タカミムスヒとともに司令官として活躍しています。

食物神のウケモチから生じた稲を高天原の田に植えさせて稲種にしたり、天孫降臨では、地上に降りたニニギに貴重な稲を持たせたりと、五穀の起源にも大きく関わっています。

伊邪那岐命(いざなぎのみこと)・伊邪那美命(いざなみのみこと)の神産み
イザナギ・イザナミは国産みを終えた後、さまざまな神様を生み出しました。 伊邪那岐命・伊邪那美命の間に生まれた神 二神の間には、住居に関わる神、自然に関わる神、生産に関わる神様がたくさん生まれました。 伊...

天照大御神の子

アマテラスとスサノオの誓約(うけい)で生まれた子

アマテラスが十握剣の剣(とつかのつるぎ/スサノオ所有)をかみ砕き、吹いた息から生まれた女神。宗像三女神。

  • タギリビメ
  • タギツヒメ
  • イチキシマヒメ

スサノオが八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま/アマテラス所有)をかみ砕き、吹いた息から生まれた男神。

  • アメノオシホミミ
  • アメノホヒ
  • アマツヒコネ
  • イクツヒコネ
  • クマノクスビ
アマテラスとスサノオの誓約(うけい)
イザナギとイザナミの国産み・神産みが終わると、アマテラス、ツクヨミ、スサノオの三貴神の時代が始まります。 その頃のスサノオは、世の中の秩序を破壊する乱暴者。父親に見放された弟が地面を揺るがす轟音とともに高天原にやってきたら、ア...

御利益

国家安泰、五穀豊穣、子孫繁栄、開運、勝運、福徳など

※一般的には、あらゆる神徳を発揮する万能の神様です。

祀られている神社

  • 全国の皇太神社
  • 全国の神明社
  • 大日霊貴神社(秋田県鹿角市)
  • 伊勢神宮(三重県伊勢市)※内宮の皇大神宮
  • 日向大神宮(京都府京都市山科区)
  • 皇大神社(京都府福知山市)
  • 廣田神社(兵庫県西宮市)
  • 山口大神宮(山口県山口市)
  • 伊曽乃神社(愛媛県西条市)
  • 天岩戸神社(宮崎県西臼杵郡高千穂町)
ラノベ古事記 日本の神様とはじまりの物語
created by Rinker