日本の神様

天之忍穂耳命(あめのおしほみみのみこと)と御利益

スポンサーリンク

天之忍穂耳命とは

【分類】天津神
【性別】男神

アマテラスとスサノオの誓約うけいで、スサノオがアマテラスの勾玉まがたまをかみ砕き、吹いた息の霧から生まれた神様です(長男)。

正式名は「正勝吾勝勝速日天之忍穂耳命まさかつあかつかちはやひあめのおしほみみのみこと」と言います。

「正勝吾勝勝速日」は、スサノオが「まさに私は勝った。勝つのは日が昇るように早かった」としてつけたものとされています。

穂は「稲穂」のことで、耳は「実をたくさんつけて頭を垂れる稲穂」を表したものと解釈され、「立派に実った大きな稲穂」をたたえる気持ちが込められた名前と言えます。

アマテラスに葦原中国あしはらのなかつくにの平定を命じられますが、地上世界があまりにも荒れていたので途中で引き返してしまいます。その後、タケミカヅチによって国譲りが成功すると、息子のニニギ(アマテラスの孫)が天孫降臨し、地上を治めることになります。

5分で読める「古事記」上巻(4)・天照大御神の誓約
古事記・上巻 天地のはじまり 神生みと黄泉国 三貴子の誕生 天照大御神の誓約 天岩戸神話 五穀の誕生 ヤマタノオロチ 因幡の白うさぎ 大穴牟遅神の死 ...
5分で読める「古事記」上巻(13)・国譲り神話
古事記・上巻 天地のはじまり 神生みと黄泉国 三貴子の誕生 天照大御神の誓約 天岩戸神話 五穀の誕生 ヤマタノオロチ 因幡の白うさぎ 大穴牟遅神の死 ...
5分で読める「古事記」上巻(14)・天孫降臨
古事記・上巻 天地のはじまり 神生みと黄泉国 三貴子の誕生 天照大御神の誓約 天岩戸神話 五穀の誕生 ヤマタノオロチ 因幡の白うさぎ 大穴牟遅神の死 ...

御利益

開運招福、子孫繁栄、商売繁盛、勝運、家門繁栄、入学、就職、結婚、厄除け、病気平癒、諸願成就、家内安全

祀られている神社

  • 木幡神社(栃木県矢板市)
  • 伊豆山神社(静岡県熱海市)
  • 許波多神社(京都府宇治市)
  • 泉穴師神社(大阪府泉大津市)
  • 多度大社(三重県桑名市)※末社の皇子社
  • 津田神社(三重県多気郡多気町)
  • 二宮神社(兵庫県神戸市)
  • 天日神社(兵庫県伊丹市)
  • 阿賀神社(滋賀県東近江市)
  • 厳島神社(広島県廿日市市)※客神社
  • 兵庫県神戸市(高知県香南市)
  • 英彦山神宮(福岡県田川郡添田町)
  • 多久頭魂神社(長崎県対馬市)
  • 北岡神社(熊本県熊本市)
  • 西寒多神社(大分県大分市)