日本の神様

天之忍穂耳命(あめのおしほみみのみこと)と御利益




スポンサーリンク

天之忍穂耳命とは

【神格】稲穂の神、農業神
【性別】男神
【分類】国津神
【親】アマテラス

アマテラスとスサノオの誓約(うけい)で、スサノオがアマテラスの八尺瓊勾玉をかみ砕き、吹いた息の霧から生まれた神様です(長男)。

名前はめちゃめちゃ長く「正勝吾勝勝速日天之忍穂耳命(まさかつあかつかちはやひあめのおしほみみのみこと)」と言います。

「正勝吾勝勝速日」は、スサノオが「まさに私は勝った。勝つのは日が昇るように早かった」としてつけたものとされています。

穂は「稲穂」のことで、耳は「実をたくさんつけて頭を垂れる稲穂」を表したものと解釈され、「立派に実った大きな稲穂」をたたえる気持ちが込められた名前と言えます。

アマテラスに葦原中国の平定を命じられますが、地上世界があまりにも荒れていたので途中で引き返してしまいます。その後、タケミカヅチによって国譲りが成功すると、息子のニニギ(アマテラスにとっては孫)が天孫降臨し、地上を治めることになります。

妻はヨロヅハタトヨアキツシヒメノミコト。

アマテラスとスサノオの誓約(うけい)
イザナギとイザナミの国産み・神産みが終わると、アマテラス、ツクヨミ、スサノオの三貴神の時代が始まります。 その頃のスサノオは、世の中の秩序を破壊する乱暴者。父親に見放された弟が地面を揺るがす轟音とともに高天原にやってきたら、ア...
簡単にざっくり解説。国譲り戦争にまつわる神々
オオクニヌシの国造りにより、葦原中国はどんどん発展していきました。 それを見ていたアマテラスは、「葦原中国はもともと天津神が治める予定だったんだから、私の子孫が治めるべき」という理念のもと、オオクニヌシに国の統治権の譲渡を要求...

天之忍穂耳命の子

  • ニニギノミコト
  • アメノホアカリノミコト

御利益

開運招福、子孫繁栄、商売繁盛、勝運、家門繁栄、入学、就職、結婚、厄除け、病気平癒、諸願成就、家内安全

祀られている神社

  • 木幡神社(栃木県矢板市)
  • 伊豆山神社(静岡県熱海市)
  • 許波多神社(京都府宇治市)
  • 泉穴師神社(大阪府泉大津市)
  • 多度大社(三重県桑名市)※末社の皇子社
  • 津田神社(三重県多気郡多気町)
  • 二宮神社(兵庫県神戸市)
  • 天日神社(兵庫県伊丹市)
  • 阿賀神社(滋賀県東近江市)
  • 厳島神社(広島県廿日市市)※客神社
  • 兵庫県神戸市(高知県香南市)
  • 英彦山神宮(福岡県田川郡添田町)
  • 多久頭魂神社(長崎県対馬市)
  • 北岡神社(熊本県熊本市)
  • 西寒多神社(大分県大分市)
ラノベ古事記 日本の神様とはじまりの物語
created by Rinker