古事記

5分で読める「古事記」上巻(8)・因幡の白うさぎ

スポンサーリンク

楽天スーパーセール開催中(6/4・20:00~6/11・01:59)

古事記・上巻

求婚のため因幡へ

スサノオから数えて6代目の子孫にあたるオオアナムヂには、ヤソガミと呼ばれる多くの兄弟がいました。

ある日、ヤソガミは、ヤガミヒメに求婚するために因幡いなばへと向かいました。

兄弟からのけ者にされていたオオアナムヂは、従者のような扱いを受け、荷物を入れた大きな袋を背負わされていました。

倒れていたうさぎ

旅の途中、気多けたの岬で皮を剥がれたウサギが倒れていました。

ヤソガミはウサギをからかい、「海水で体を洗い、風に当てれば治る」と教えます。

ウサギは言われた通りにすると、体中の皮膚が裂け、激しい痛みで泣き出しました。

そこへオオアナムヂが遅れてやって来て、ウサギに訳を尋ねると、いきさつを話しました。

うさぎが皮を剥がれた理由

もともとウサギは隠岐島おきのしまに住んでいて、海を渡りたいと思っていました。

しかし、自分の力では渡れないので、ワニ(鮫)を利用しようと考えました。

ウサギはワニに、「兎族とワニ族のどちらが多いか数えてあげる」と言って、隠岐島から気多まで並ばせました。

ウサギはワニの背中をぴょんぴょんと渡りだし、出雲の海岸まで渡りきろうとした時、ウサギは思わず企みを暴露してしまいました。

そのため、最後に並んでいたワニに毛皮を剥がれてしまったのです。

うさぎの予言

かわいそうに思ったオオアナムヂは、「川の水で体を洗い、蒲の穂の花粉を地面に敷き詰め、その上を転がると治る」と言いました。

ウサギは言われた通りにすると、元の姿に回復しました。

喜んだウサギは、「あなたこそがヤガミヒメを妻にすることができるでしょう」と予言しました。