日本の神様

大国主神(おおくにぬしのかみ)と御利益




スポンサーリンク

大国主神とは

【神格】国造りの神、農業神、商業神、医療神、縁結びの神
【性別】男神
【分類】国津神
【親】アメノフユキヌノカミ・サシクニワカヒメ

スサノオの6代孫にあたる神様。

最初はオオナムチという名前でしたが、スサノオによりオオクニヌシの名前を与えられています。

兄のヤソガミ達が、因幡のヤガミヒメという美しい姫君に求婚するため、道中の荷物持ちとして連れていかれ、最終的に姫の結婚相手に選ばれます。

因幡の白うさぎと大国主神(おおくにぬしのかみ)にまつわる神々
スサノオの6代孫にあたるオオナムチが、いくつもの試練を乗り越えてオオクニヌシとなるまでのお話第1弾「因幡の白うさぎ」編です。 因幡の白うさぎ 八十神の迫害 根の国訪問 ヤソガミとオオナムチ、因幡に...

逆恨みした兄たちに2度も殺されますが復活。再びヤソガミに追われ、根の国のスサノオの元に逃れます。

その時、スサノオの娘であるスセリビメに出会い、二柱は一目惚れ。スサノオの試練を受け強くなったオオナムチは、その後スセリビメと葦原中津国に駆け落ちします。

追ってきたスサノオに「お前が持つ大刀と弓矢(実はスサノオのとこから勝手に持ってきた)で従わないヤソガミを追い払え。そしてお前がオオクニヌシとなり、スセリビメを妻として立派な宮殿を建てて住め。コノヤロー」と言われ、ヤソガミを退治して地上を治めることになりました。

大きな宮殿を建て、スセリビメを正妻、ヤガミヒメを側室として迎え入れましたが、正妻を恐れたヤガミヒメは、オオクニヌシとの間に産んだ子を木の俣に挟んで実家に帰ってしまいました。

スクナビコナと協力して国造りを完成させましたが、アマテラスに国譲りを要請され、対話と武力を交えた交渉により、出雲大社を修復してもらって引退しました。

大国主神の子

オオクニヌシはイケメンでモテモテなので、奥さんがたくさんいます。

スセリビメとの子

  • 無し

タキリビメとの子

  • アヂスキタカヒコネ
  • タカヒメ

カムヤタテヒメとの子

  • コトシロヌシ

ヤガミヒメとの子

  • キマタノカミ

ヌナカワヒメとの子

  • タケミナカタ

トトリノカミとの子

  • トリナルミ

御利益

縁結び、子授け、夫婦和合、五穀豊穣、養蚕守護、医薬、病気平癒、産業開発、交通・航海守護、商売繁盛など

祀られている神社

  • 全国各地の薬師神社
  • 北海道神宮(北海道札幌市中央区)
  • 日光二荒山神社(栃木県日光市)
  • 大前神社(栃木県真岡市)
  • 大洗磯前神社(茨城県東茨城郡大洗町)
  • 氷川神社(埼玉県さいたま市)
  • 神田明神(東京都千代田区)
  • 大國魂神社(東京都府中市)
  • 小国神社(静岡県周智郡森町)
  • 砥鹿神社(愛知県豊川市)
  • 飛騨一宮水無神社(岐阜県高山市)
  • 建部大社(滋賀県大津市)
  • 地主神社(京都府京都市東山区)
  • 出雲大神宮(京都府亀岡市)
  • 一宮神社(京都府福知山市)
  • 大神神社(奈良県桜井市)
  • 飛瀧神社(和歌山県那智勝浦町)
  • 高砂神社(兵庫県高砂市)
  • 伊和神社(兵庫県宍粟市)
  • 高瀬神社(富山県南砺市)
  • 気多大社(石川県羽咋市)
  • 気多本宮(石川県七尾市)
  • 出雲大社(島根県出雲市)
  • 八桙神社(徳島県阿南市)
  • 都農神社(宮崎県児湯郡都農町)
  • 大汝牟遅神社(鹿児島県日置市)
ラノベ古事記 日本の神様とはじまりの物語
created by Rinker