日本の神様

白兎神(はくとかみ)と御利益

スポンサーリンク

白兎神とは

【分類】不明
【性別】不明

ハクトカミは、日本神話に登場する因幡の白うさぎのことです。

白うさぎは隠岐の島に住んでいましたが、一度この国に渡ってみたいと思っていました。

海を泳がないで渡る方法を考えていると、目の前にワニザメが現れたので彼らを利用することにしました。

ワニザメに、自分の仲間とどちらが多いか比べっこしようという話を持ち掛け、彼らを島から気多の前まで並べると背中に乗り、数を数えるふりをして向こう岸まで渡っていきました。

気多の地に降り立とうとした時、ワニザメを騙したことをバラしてしまいました。

怒ったワニザメに皮を剥がされて泣いていたところ、通りがかったヤソガミの言う通りに塩水を浴びて風で乾かすと更に傷が悪化しました。

その後、オオクニヌシが通りかかり、真水で身体を洗い、敷き散らした蒲(がま)の花の上で転がって花粉を付けるように言ったところ、元通りの白い兎に戻りました。

うさぎはオオクニヌシに礼を言い、「あなたはヤガミヒメと結婚する」と予言しました。

その後、オオクニヌシとヤガミヒメは結婚しています。

404 NOT FOUND | 神社で福活
開運のための「神様と御利益」「ご縁を深める参拝マナー」「パワースポット」「御朱印」と時々手ぬぐい

御利益

皮膚病、傷病、病気平癒、動物医療、縁結び、意中の人との縁結び

祀られている神社

  • 白兎神社(鳥取県鳥取市)