カメラとレンズ

クローズアップレンズのメリット・デメリットと撮影可能焦点距離について

最近、料理や雑貨でテーブルフォトの練習を始めました。

小物雑貨や花などの撮影では、マクロレンズが無いと接写は無理だと思っていました。

しかもマクロレンズは高いので、たまにしか使わない身としては買えない・・・。

ところが、マクロレンズが無くても接写ができる便利アイテムがあることを知り、さっそく買って使ってみることにしました。

スポンサーリンク




クローズアップレンズフィルターとは

クローズアップレンズフィルターは、普段使っているレンズに付けるだけで、手軽にマクロ撮影ができる便利なフィルターです。

マクロレンズが高くて買えない場合や、花や小物、虫、スイーツなどをアップで撮る場合におすすめです。

レンズの前に虫眼鏡を付けたようなイメージです。

クローズアップレンズフィルターの種類

フィルターは、No,1~10までの種類があります。

数値が大きいほど、被写体に近づいて撮ることができます。

撮影可能距離の目安

フィルター No,1 No,2 No,3 No,4 No,5 No,10
撮影距離(cm) 33~100 24~50 20~33 17~25 15~20 8~10
推奨される
レンズの撮影距離(cm)
100~ 70~ 30~50 30~50 30~50 50mmの場合=1/2倍
100mmの場合=等倍

No,1、No,2は望遠レンズ向き、No,3~5は標準レンズ向きとなっています。

花のしべにピントを合わせるのであれば、No,10が必要になると思います。

クローズアップレンズフィルターのメリットとデメリット

メリット

  • 使用するレンズの最短焦点距離よりも近づいて、大きく写すことができる。
  • マクロレンズよりもはるかに安い。
  • コンパクトで手軽に持ち運びができる。
  • 絞っても背景を大きくぼかすことができる
  • ズームレンズに取り付けると、接写でズームができる。
  • 露出倍数が変わらないので、シャッタースピードが遅くならない。
  • 2枚を組み合わせて使うことができる(例:No,1+No,3=No,4相当)。
  • PLフィルターなどの特殊効果フィルターを、重ねて付けられる。

フィルターを重ね付けすると、ケラレる場合があるので注意が必要です。

デメリット

  • マクロレンズと違い、端に向かうにしたがって流れたような像の乱れが出てくる。
  • 最短距離が短いレンズにつけても意味がない。
  • 接写以外の撮影では外しておく必要がある。

クローズアップレンズフィルターを使う時の注意点

絞りを解放にすると画像がにじんでしまうので、F5.6、F8.0と絞った方が綺麗に写ります

また、三脚を使った方が、手ブレを防げます。

K&F Concept 三脚 一脚 可変式 4段伸縮
created by Rinker

ハクバ「クローズアップレンズ No,4」を使用した様子

カメラ ソニーα5100 レンズ ソニー E18-55mm F3.5-5.6 OSS

ハクバ クローズアップNO,4 49mm
created by Rinker

最後に

私が使っているカメラとレンズでは、期待通りの効果が得られました。

初心者用のエントリー機やキットレンズに付けるのであれば、マクロレンズを買わなくても十分使えると思います。

ともかくカッコイイ写真が撮りたい!
created by Rinker