日本の神様

志那都比古神(しなつひこのかみ)と御利益




スポンサーリンク

志那都比古神とは

【神格】風の神
【性別】男神
【分類】国津神
【親】イザナギ・イザナミ

イザナギとイザナミが10番目に産んだ神様です。

名前の「シナ」は息が長いという意味です。

古代人は、風は神の息吹から発生すると考えていました。

風は恵みをもたらすこともあれば、甚大な被害を与えることもあります。全国各地にシナツヒコを祀る神社が多いのは、人々が暴風を鎮めるために祀ってきたと推測されます。

伊邪那岐命(いざなぎのみこと)・伊邪那美命(いざなみのみこと)の神産み
イザナギ・イザナミは国産みを終えた後、さまざまな神様を生み出しました。 伊邪那岐命・伊邪那美命の間に生まれた神 二神の間には、住居に関わる神、自然に関わる神、生産に関わる神様がたくさん生まれました。 伊...

御利益

五穀豊穣、運気上昇、漁業・航海守護、長寿、病気平癒

祀られている神社

  • 小物忌神社(山形県酒田市)
  • 立野神社(茨城県水戸市)
  • 島穴神社(千葉県市原市)
  • 姉埼神社(千葉県市原市)
  • 田無神社(東京都西東京市)
  • 龍藏神社(神奈川県厚木市)
  • 八千鉾神社(石川県羽咋郡志賀町)
  • 風間神社(長野県長野市)
  • 伊勢神宮(三重県伊勢市)※内宮の風日祈宮
  • 伊勢神宮(三重県伊勢市)※外宮の風宮
  • 龍田大社(奈良県生駒郡三郷町)
  • 龍田神社(奈良県生駒郡斑鳩町)
  • 三澤神社(島根県仁多郡奥出雲町)
  • 布宇神社(島根県松江市)
  • 鰐鳴八幡宮(山口県山口市)
  • 佐波神社(山口県防府市)
ラノベ古事記 日本の神様とはじまりの物語
created by Rinker