カメラ・レンズ・アクセサリー

Nikon「D3000・D5000シリーズ」でAFが動かない?その原因とレンズの選び方

Nikon D5300でSIGMAの古いレンズを使ったら、AFが動きませんでした。

D50やD90では動いており、なおかつ全てのデジカメでオートフォーカスが効くと思っていたので、まさかAFが使えないとは・・・。

後で調べてみると、AFモーターの関係でオートフォーカスが使えないことが分かりました。

ボディとレンズの組み合わせを間違えるとマニュアルフォーカスしか使えなくなるので、AFが使えるレンズの選び方を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

AFモーターとは

ピントリングを自動で動かしてピントを合わせるための機能です。

AFモーターが無いと、AFが作動しません。

MFの場合は、ピントリングを手で回してピントを合わせます。

AFモーターの種類

ボディ内AFモーター

ボディ側に内蔵しているモーターを使ってAFを作動させます。

レンズ内AFモーター

レンズ側に内蔵しているモーターを使ってAFを作動させます。

AFが使えるボディとレンズの組み合わせ

レンズ
AFモーター有 AFモーター無
ボディ AFモーター有
AFモーター無 ×

お手持ちのNikonカメラ本体にAFモーターが内蔵されているかどうかは、Nikonのホームページで確認できます。

参考 一眼レフカメラとNIKKOR Fレンズの組み合わせ適応表(PDF)

D3000・D5000シリーズでAFが使えない原因

D3000・D5000シリーズは、ボディにAFモーターを搭載していません。

そのため、AFモーターが付いていないレンズを装着すると、AFでのピント合わせができません。

D3000・D5000シリーズでは、AFモーターが付いたレンズを購入しましょう

AFモーター内蔵レンズの見分け方

ニコンのレンズ

商品名に「AF-S」「AF-P」「AF-I」と書かれたものがAFモーター内蔵レンズです。

※AF-Sしか使えないボディもあるので、詳しくは「カメラとニッコールレンズの組み合わせについて」で確認してください。

シグマのレンズ

商品名に「HSM」と書かれたものがAFモーター内蔵レンズです。

タムロンのレンズ

商品名に「USD」と書かれたものがAFモーター内蔵レンズです。

※昔はNIIという表記がされていたそうです。

レンズ鏡筒部に「AF/MF」の切替スイッチが付いていれば、AFモーター内蔵タイプです。

こちらはNikon AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8Gのスイッチなので「M/A M」となっています。

最後に

Nikon Fマウントの中古レンズは昔と比べるとかなり安いので、コストを抑えるならば「Nikon純正レンズ」を買った方が間違いないです。

Nikon カメラレンズ AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G APS-C用
created by Rinker