日本の神様

玉依毘売(たまよりびめ)と御利益

スポンサーリンク

楽天スーパーセール開催中(6/4・20:00~6/11・01:59)

玉依毘売とは

【分類】国津神
【性別】女神

姉のトヨタマヒメの子であるウガヤフキアエズを育て、彼が成人すると妻となって4人の子を産み、そのうちの末っ子が後の初代・神武じんむ天皇となります。

名前のタマヨリは霊憑たまよりからきたもので、「神霊が依り憑く」という意味です。

5分で読める「古事記」上巻(18)・豊玉毘売の出産
古事記・上巻 天地のはじまり 神生みと黄泉国 三貴子の誕生 天照大御神の誓約 天岩戸神話 五穀の誕生 ヤマタノオロチ 因幡の白うさぎ 大穴牟遅神の死 ...

御利益

子宝・安産守護、豊作豊漁、殖産興業、商売繁盛、開運・方位除け、悪病・災難除けなど

祀られている神社

  • 高瀧神社(千葉県市原市)
  • 玉前神社(千葉県長生郡一宮町)
  • 知立神社(愛知県知立市)
  • 青梅神社(新潟県加茂市)※賀茂御祖神社
  • 賀茂御祖神社(京都府京都市左京区)
  • 吉野水分神社(奈良県吉野郡吉野町)
  • 玉井宮東照宮(岡山県岡山市)
  • 筥崎宮(福岡県福岡市東区)
  • 宇美八幡宮(福岡県糟屋郡宇美町)
  • 海神神社(長崎県対馬市)
  • 宮崎神宮(宮崎県宮崎市)
  • 高千穂神社(宮崎県西臼杵郡高千穂町)
  • 霧島神宮(鹿児島県霧島市)
  • 益救神社(鹿児島県熊毛郡屋久島町)