千葉エリア

あじさいの隠れた名所に現れる五百羅漢が凄い「光徳寺」(千葉県市原市)

スポンサーリンク




光徳寺とは

光徳寺は寛正かんしょう元年(1460年)、妙高院日意みょうこういんにちいによって創建されました。千葉県松戸市にある平賀本土寺の旧末寺の一つで、現在は小西法縁のお寺となっているようです。

※ちなみに日意上人は本土寺第9世で、後に小西檀林となる妙高山正法寺を開山した人でもあります。

小西檀林跡・正法寺(千葉県大網白里市)
小西檀林跡(正法寺)とは 小西檀林は日蓮宗の学問所で、関東三檀林の一つです。 小西法縁発祥の寺でもあり、最盛期には900人を超える学僧が学んでいました。 関東三檀林 飯高檀林 / 妙雲山 飯高寺はんこうじ(千...

市原城主原信濃守、岩富城主原左衛門尉の外護げごにより堂宇を建立し、全盛期は10支院の末寺を有し、本堂・客殿・二王門・山門・鐘楼・七面堂・鬼子母神堂等の伽藍を構え、中本寺として近隣周囲に名を馳せました。

外護とは、僧侶以外の人々が権力や財力で仏教を保護し、種々の障害を除いて僧尼の修行を助けることです。

参道と十八羅漢

山門をくぐると参道の左右にあじさいが咲き誇り、十八羅漢らかんと言われる18体の石像が並んでいます。

光徳寺の参道に並ぶ羅漢は、12支の動物とペアになっています。

羅漢(阿羅漢あらかん)とは仏教修行僧の最高位の尊称で、これ以上学ぶことがない人に与えられる称号とも言われており、「無学位」とも呼ばれて釈迦の弟子の中でもずば抜けた存在でした。
十八羅漢とは十六羅漢に加えて、慶友けいゆう賓頭廬びんずるまたは大迦葉だいかしょう軍徒鉢歎ぐんとはつたんを加えた18人の羅漢のことです。

十六羅漢とは、長く世の中に留まって仏の決まり事を守っていくようにと釈迦から命じられた16人の羅漢のことです。

  • 賓度羅跋羅惰闍(ひんどらばっらだじゃ)
  • 迦諾迦跋蹉(かだくかばさ)
  • 迦諾迦跋釐惰闍(かだくかばりだじゃ)
  • 蘇頻陀(そびんだ)
  • 諾距羅(なくら)
  • 跋陀羅(ばだら)
  • 迦理迦(かりか)
  • 伐闍羅弗多羅(ばしゃらふったら)
  • 戍博迦(じゅはか)
  • 半託迦(はんだか)
  • 羅怙羅(らごら)
  • 那伽犀那(なかさいな)
  • 因掲陀(いんかだ)
  • 伐那婆斯(ばなばし)
  • 阿氏多(あした)
  • 注荼半託迦(ちゅだはんだか)

日蓮上人。

こちらはネズミと一緒の羅漢です。

山門に1番近い左側の羅漢には子、右側の羅漢には亥がお供をしていました。

こちらはウサギと一緒の羅漢。

動物達は羅漢に従順で、とても懐いているように見えます。眷属であり心を許せる友のような、温かい雰囲気が伝わってきます。

※あくまでも私の想像です。

楼門

楼門の左右には、阿吽像が安置されています。

2階建てで、屋根は2階のみとなっています。

経王山けいおうさんと書かれた扁額。

その下には、旃檀林せんだんりんと書かれた大きな額がありました。

昔は多くの学僧がここで学び、立派になって巣立って行ったんでしょうね。

本堂

本堂の扉が開いており、お参りした時に午後の読経が始まりました。

お経の意味はよく分かりませんが、美しい歌を聞いているような心地よさを感じました。

本堂がとても煌びやかで驚きました。

実家の菩提寺(浄土真宗)とは、ずいぶん雰囲気が違います。

日蓮宗のお寺では、仏様の前に日蓮上人が座っていらっしゃるんですね。

鐘楼

本堂の裏側に鐘楼がありました。

こちらでは、大晦日に除夜の鐘をつかせてくれるそうです。

五百羅漢

光徳寺の五百羅漢は、平成14年(2002年)、日蓮宗が750年を迎えた年に造立されました。

2020年の時点では367体しかありませんが、残りは長い年月をかけて造立していくとのことです。

五百羅漢は、釈迦に常に付き添った500人の弟子、または釈迦入滅後の第1回、第4回の仏典編集会議で集まった人数がそれぞれ500人であったことから、両会議で集まった人を指して五百羅漢と言うようになりました。

お釈迦様の回りには四菩薩しぼさつ(上行じょうぎょう无邊行むへんぎょう浄行じょうぎょう安立行あんりゅうぎょう)が配置されています。

この羅漢たちは、どれ一つとして同じ顔の物はありません。

笑っている顔、やる気がみなぎっている顔、考え込んでいる顔など、様々な表情をしています。

ちょっと怖い感じもしますが、500人の聖人が一堂に会する様子に圧巻されるばかりでした。

最上稲荷大明神

神仏習合の名残りでしょうか?

境内にお稲荷様が鎮座していました。

あじさいの様子

あじさいの植栽は平成の初めから始められ、現在では約1,000株まで増えたそうです。

ちなみに見ごろは、6月中旬~7月上旬です。

参考 あわせて立ち寄りたいおすすめスポット
平将門が勝っていれば千葉の方が有名になっていたかも?「奈良の大仏」(千葉県市原市)
奈良の大仏とは 奈良の大仏は市原市奈良にある釈迦如来像で、高さが約1.7mの石製立像です。 したがって、ここが千葉であっても、奈良にある大仏だから「奈良の大仏」というのは間違いありません。 初代は承平じょうへい元年...
大型連休の風物詩。幾重も架かる様子が圧巻です「瀬又・村田川の鯉のぼり」(千葉県市原市)
瀬又・村田川の鯉のぼりとは 瀬又・村田川の鯉のぼりは、市原市瀬又地区の村田川(君見川橋~瀬又橋~新瀬又橋の区間)に架かる鯉のぼり群です。 毎年、地元住民有志の団体「瀬又清流会」が設置した大小約120匹のこいのぼりが、多くの家族連...
のどかな里山にひっそりとたたずむ茅葺屋根のお堂「鳳来寺観音堂」(千葉県市原市)
鳳来寺観音堂とは 鳳来寺ほうらいじ観音堂は、室町時代後期(1467年~1572年)に建立された、桁行三間、梁間三間、一重、寄棟造、茅葺のこじんまりとした観音堂で、昭和6年(1931年)12月14日に国指定重要文化財となりました...

アクセス

光徳寺(こうとくじ)

  • 住所:千葉県市原市中野123
  • 電話:0436-52-0831
  • 駐車場:有
  • 参拝時間:自由
  • 公式サイト:無

参考資料

御朱印でめぐる千葉のお寺
created by Rinker
千葉 ぶらり歴史探訪ルートガイド
created by Rinker