日本の神様

石折神(いわさくのかみ)・根折神(ねさくのかみ)と御利益




スポンサーリンク

石折神・根折神とは

【神格】剣の神、生命力の神
【性別】イワサク(男神)・ネサク(女神)
【分類】国津神
【親】イザナギ(神剣アメノオハバリ)

イザナギがカグツチの首を斬り落とした際、剣の先端に付いた血が岩石に落ちて生まれた神様です。

イワサクは「磐裂」、ネサクは「根裂」とも表記されることから、岩根を切り裂くことを意味し、剣にちなむとする説があります。

また、火の神カグツチの血を赤い炎と見て、鉱石を溶かすことから岩を裂くほどの威力ある刀剣の誕生を表わすとする説があります。

日本書記では二神の間に子が生まれたとされているので、男女の夫婦神だと考えられます。

伊邪那岐命(いざなぎのみこと)・伊邪那美命(いざなみのみこと)の神産み
イザナギ・イザナミは国産みを終えた後、さまざまな神様を生み出しました。 伊邪那岐命・伊邪那美命の間に生まれた神 二神の間には、住居に関わる神、自然に関わる神、生産に関わる神様がたくさん生まれました。 伊...

石折神・根折神の子

  • イワツツノオ
  • イワツツノメ

御利益

生命力向上

祀られている神社

  • 加蘇山神社(栃木県鹿沼市)
  • 赤星神社(愛知県江南市)
  • 御逗子神社(奈良県橿原市)
ラノベ古事記 日本の神様とはじまりの物語
created by Rinker