日本の神様

月読命(つくよみのみこと)と御利益

スポンサーリンク

月読命とは

【分類】天津神
【性別】男神

イザナギが黄泉国から戻って禊をした際、洗った右目から生まれた神様です。

三貴神の長男で、アマテラスの弟、スサノオの兄になります。

イザナギから命じられ、夜の食国(夜の世界)を統治する主宰神となります。

神話に登場するのはこの時だけという謎の多い神様ですが、月を読むという名前から暦ともゆかりが深く、占いの神ともされています。

月が潮の満ち引きを左右するという関係から、海神としても信仰されています。

5分で読める「古事記」上巻(3)・三貴子の誕生
古事記・上巻 天地のはじまり 神生みと黄泉国 三貴子の誕生 天照大御神の誓約 天岩戸神話 五穀の誕生 ヤマタノオロチ 因幡の白うさぎ 大穴牟遅神の死 ...

御利益

海上安全、農業、五穀豊穣、諸願成就など

祀られている神社

  • 全国の月読神社
  • 鳥海月山両所宮( 山形県山形市)
  • 出羽三山神社(山形県東田川郡庄内町)※月山神社
  • 賀蘇山神社(栃木県鹿沼市)
  • 伊勢神宮(三重県伊勢市)※内宮の月読宮
  • 松尾大社(京都府京都市西京区)※摂社の月読神社
  • 西寒多神社(大分県大分市)