日本の神様

須佐之男命(すさのおのみこと)と御利益




スポンサーリンク

建速須佐之男命とは

【神格】海神、嵐神、農耕神
【性別】男神
【分類】国津神
【親】イザナギ

イザナギが黄泉国から戻って禊をした際、洗った鼻から生まれた神様です。

三貴神の末っ子で、アマテラスとスサノオの弟になります。

イザナギから海原の統治を命じられましたが、その責務を放棄し、母親のイザナミに会いたいと癇癪をおこし、その激しさで地上の樹や川や海をズタボロにした挙句、世界中に悪神をはびこらせ、災いを招いてしまいました。

そんな訳で、憤怒したイザナギに地上から追い出されてしまいます。

暴れん坊っぷりはその後も続き、高天原では姉のアマテラスの地位も脅かします。一度、神聖な占いによって和解しますが、それでもなおアマテラスが作った田んぼを壊したり、神殿に糞をしたり、機織り女を殺すなど、乱暴狼藉が止まりません。

これを恐れたアマテラスが天岩戸に隠れると、さらに世界中が暗闇に包まれ、悪霊が暴れまわる始末。その結果、怒った高天原の神々から制裁を受け、高天原からも追放されてしまいます。

その後出雲に降り立つと、乱暴者から英雄に大変身。ヤマタノオロチを退治し、美しいイナダヒメと結婚し、結果的に娘婿のオオクニヌシが国づくりを行った訳ですから、すごい波乱万丈な神様です。

妻はクシナダヒメとカムオオイチヒメの2人。

伊邪那岐命(いざなぎのみこと)・伊邪那美命(いざなみのみこと)の神産み
イザナギ・イザナミは国産みを終えた後、さまざまな神様を生み出しました。 伊邪那岐命・伊邪那美命の間に生まれた神 二神の間には、住居に関わる神、自然に関わる神、生産に関わる神様がたくさん生まれました。 伊...

建速須佐之男命の子

アマテラスとスサノオの誓約(うけい)で生まれた子

アマテラスが十握剣の剣(とつかのつるぎ/スサノオ所有)をかみ砕き、吹いた息から生まれた女神。宗像三女神。

  • タギリビメ
  • タギツヒメ
  • イチキシマヒメ

スサノオが八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま/アマテラス所有)をかみ砕き、吹いた息から生まれた男神。

  • アメノオシホミミ
  • アメノホヒ
  • アマツヒコネ
  • イクツヒコネ
  • クマノクスビ
アマテラスとスサノオの誓約(うけい)
イザナギとイザナミの国産み・神産みが終わると、アマテラス、ツクヨミ、スサノオの三貴神の時代が始まります。 その頃のスサノオは、世の中の秩序を破壊する乱暴者。父親に見放された弟が地面を揺るがす轟音とともに高天原にやってきたら、ア...

クシナダヒメとの子

  • ヤジマヌシノカミ

カムオオイチヒメとの子

  • オオトシノカミ
  • ウカノミタマノカミ

母親不明

  • イソタケル(長男)・オオヤツヒメ(長女)・ツマツヒメ(次女)
  • スセリビメ
  • クニワケノミコト
  • アオハタサクサヒコノミコト
  • イワサカヒコノミコト
  • ツキホコトオルヒコノミコト
  • ツルギヒコノミコト
  • ヤノワカヒメノミコト
  • アマノザコ

御利益

水難、火難、病難除去、五穀豊穣など

祀られている神社

  • 全国の八坂神社
  • 全国の祇園信仰、津島信仰、氷川信仰などに基づく神社
  • 八坂神社(東京都東村山市)
  • 氷川神社(埼玉県さいたま市)
  • 津島神社(愛知県津島市)
  • 八坂神社(京都府京都市東山区)
  • 廣峯神社(兵庫県姫路市)
  • 素盞嗚神社(広島県福山市)
  • 久武神社(島根県出雲市)
  • 須佐神社(島根県出雲市)
  • 八重垣神社(島根県松江市)
ラノベ古事記 日本の神様とはじまりの物語
created by Rinker