日本の神様

経津主神(ふつぬしのかみ)と御利益

スポンサーリンク

経津主神とは

【分類】国津神
【性別】男神

イワツツノオ・イワツツノメの間に生まれた神様。

フツヌシは鹿島のタケミカヅチとともに出雲国に降り、オオクニヌシと交渉して国譲りを成功させたと言われています。

古事記では、フツヌシとタケミカヅチは霊剣・布都御魂ふつのみたまの神霊であるとして、同神のように書かれています。

フツヌシは日本書紀に登場し、古事記には登場していません。

御利益

出世、開運招福、諸災厄除け、延命長寿、憑きもの祓い、夫婦和合、安産、農耕・海上守護、交通安全、殖産興業など

祀られている神社

  • 全国の香取神社
  • 全国の春日神社
  • 一之宮貫前神社(群馬県富岡市)
  • 香取神宮(千葉県香取市)
  • 千葉神社(千葉県千葉市)
  • 大原野神社(京都府京都市西京区)
  • 牧岡神社(大阪府東大阪市)
  • 春日大社(奈良県奈良市)
  • 石上神社(奈良県天理市)※布都御魂神(ふつのみたまのかみ)