日本の神様

鳥之石楠船神(とりのいわくすふねのかみ)と御利益

スポンサーリンク

鳥之石楠船神とは

【分類】国津神
【性別】不明

イザナギとイザナミが生んだ神様です。

神が乗る船を神格化したものとされています。

タケミカヅチとともに国譲りの交渉に派遣され、魚釣りで不在だったコトシロヌシを探して連れてきた神様です。

別名では、天鳥船神、天鳥船としても知られています。

5分で読める「古事記」上巻(2)・神生みと黄泉国
古事記・上巻 天地のはじまり 神生みと黄泉国 三貴子の誕生 天照大御神の誓約 天岩戸神話 五穀の誕生 ヤマタノオロチ 因幡の白うさぎ 大穴牟遅神の死 ...
5分で読める「古事記」上巻(13)・国譲り神話
古事記・上巻 天地のはじまり 神生みと黄泉国 三貴子の誕生 天照大御神の誓約 天岩戸神話 五穀の誕生 ヤマタノオロチ 因幡の白うさぎ 大穴牟遅神の死 ...

御利益

交通安全、航海安全、旅行安全、水運守護など

祀られている神社

  • 息栖神社(茨城県神栖市)
  • 石船神社(茨城県東茨城郡城里町)
  • 神崎神社(千葉県香取郡神崎町)
  • 隅田川神社(東京都墨田区)
  • 大鷲神社(神奈川県横浜市)
  • 鳥船神社(埼玉県所沢市)