日本の神様

櫛名田比売命(くしなだひめのみこと)と御利益




スポンサーリンク

櫛名田比売命とは

【神格】稲田の神
【性別】女神
【分類】国津神
【親】テナヅチ・アシナヅチ

テナヅチ・アシナヅチの8番目の子です。

危うくヤマタノオロチの生贄になるところでしたが、スサノオによって助けられました。

スサノオによって姿を櫛に変えられた後に髪に挿し込まれ、退治が終わると元の姿に戻り、二神は結婚しました。

両親のテナヅチ・アシナヅチの名前が「親が娘の手足を撫でて慈しむ様子」を表していることから、「撫でるように大事に育てられた姫」との解釈もあり、倭撫子(やまとなでしこ)の語源とされています。

名前の櫛名田比売命は、クシになったヒメだからクシナダヒメという言葉遊びで付いたという説があります。

また、別名の奇稲田姫(くしいなだひめ)のクシはものを称える意味の美称で、「稲穂がよく実った美しい田の女神」と解釈できます。

高天原を追放されたスサノオのその後。ヤマタノオロチ退治に関わる神々
高天原を追放されたスサノオは、地上に降り立ち、ヤマタノオロチを退治して妻を娶ります。 スサノオ、葦原中国を放浪する 髪とヒゲを切り、手と足の爪をすべて剥がされ、高天原を追放されたスサノオは地上をさ迷いました。 お腹が空いて...

櫛名田比売命の子

  • ヤジマヌシノカミ

御利益

稲作の守護、縁結び、夫婦和合、金運招福、厄除開運、災難除け、疫病除け、衣食住守護など

祀られている神社

  • 全国の氷川神社
  • 全国の素戔嗚神社
  • 氷川神社(埼玉県さいたま市)
  • 櫛田神社(富山県射水市)
  • 今宮神社(京都府京都市北区)
  • 八坂神社(京都府京都市東山区)
  • 須賀神社(和歌山県日高郡みなべ町)
  • 広峯神社(兵庫県姫路市)
  • 八重垣神社(島根県松江市)
  • 須佐神社(島根県出雲市)
  • 須我神社(島根県雲南市)
  • 山辺神宮(島根県江津市)
  • 椙本神社(高知県吾川郡いの町)
  • 櫛田宮(佐賀県神埼市)
ラノベ古事記 日本の神様とはじまりの物語
created by Rinker