日本の神様

五十猛命(いそたけるのみこと)と御利益




スポンサーリンク

五十猛命とは

【神格】木の神、林業の神、船の神
【性別】男神
【分類】国津神
【親】スサノオ

天上からたくさんの木の種を持ち、スサノオと一緒に新羅に渡りましたが、スサノオがその場所を気に入らなかったので日本に戻り、全国に植林をして日本中を緑豊かな国土にしました。

全国を巡って植林事業を終えたイソタケルは、その後は紀伊国(現在の和歌山県)に住んだとされています。

妹神のオオヤツヒメ・ツマツヒメとともに樹木を普及させたことから、神社には一緒に祀られていることが多いです。

一説では、オオヤビコト同一神とされています。

須佐之男命(すさのおのみこと)と御利益
建速須佐之男命とは 【神格】海神、嵐神、農耕神 【性別】男神 【分類】国津神 【親】イザナギ イザナギが黄泉国から戻って禊をした際、洗った鼻から生まれた神様です。 三貴神の末っ子で、アマテラスとスサノオの弟になります。 ...

御利益

林業守護、造船守護、海上安全、大漁、商売繁盛、開運招福、悪疫退散、厄除け、戦勝守護

祀られている神社

  • 全国の杉山神社
  • 来宮神社(静岡県熱海市)
  • 度津神社(新潟県佐渡市)
  • 高瀬神社(富山県南砺市)
  • 伊太祁曽神社(和歌山県和歌山市)
  • 広峯神社(兵庫県姫路市)
  • 猛島神社(長崎県島原市)
ラノベ古事記 日本の神様とはじまりの物語
created by Rinker