日本の神様

大物主神(おおものぬしのかみ)と御利益




スポンサーリンク

大物主神とは

【神格】国造りの神
【性別】男神
【分類】国津神
【親】不明

国造りの途中でスクナビコナがいなくなり、困り果てていたオオクニヌシ。

そんなところにタイミングよく現れたのがオオモノヌシです。

神々しく海を照らしながらやって来たオオモノヌシは「自分はオオクニヌシの御霊の分霊で、丁寧に祀ってくれれば国造りに協力するよ」と言いました。

大和の三輪山にオオモノヌシが祀られると、土地が広がって作物が良く育つようになりました。その結果、食物が豊富なった出雲は見事に繁栄し、徐々に国が潤っていきました。

妻はタマクシヒメ。

美人のタマクシヒメに一目ぼれしたオオモノヌシは、姫がトイレのために川に来るの見計らい、朱塗りの矢に姿を変えました。その姿でトイレ場に流れていき、彼女の陰部を突きました。

姫は驚いて走り回った後、矢を持ち帰って床の傍に置くと、イケメンの元の姿に戻りました。

二人が結ばれた後に生まれたヒメタタライスケヨリヒメは、後に神武天皇の妻になっています。

国造りと大国主神(おおくにぬしのかみ)にまつわる神々
お嫁さんをもらったし、ヤソガミも退治したからそろそろ国造りに本腰を入れて取り組みたいオオクニヌシですが、何をどうしたら良いのやら。 そこにタイミングよく、二柱の神様が現れます。 オオクニヌシ、国造りに悩む オオクニヌシが国...

大物主神の子

  • ヒメタタライスケヨリヒメ

御利益

五穀豊穣、商売繁盛、殖産興業、方除け、交通・航海守護、縁結び、医薬、国土開発、疫病除けなど

※オオクニヌシの分霊ということで、強いパワーをいただけそうですね。

祀られている神社

  • 美和神社(群馬県桐生市)
  • 三輪神社(埼玉県入間市)
  • 美和神社(山梨県笛吹市)
  • 美和神社(長野県長野市)
  • 三輪神社(愛知県名古屋市中区)
  • 三輪神社(岐阜県岐阜市)
  • 三輪神社(岐阜県揖斐郡揖斐川町)
  • 大神神社(奈良県桜井市)
  • 三輪神社(石川県河北郡津幡町)
  • 美和神社(岡山県瀬戸内市)
  • 金刀比羅宮(香川県仲多度郡琴平町)
ラノベ古事記 日本の神様とはじまりの物語
created by Rinker