神話の神様

大山咋神(おおやまくいのかみ)と御利益

スポンサーリンク




大山咋神とは

【分類】国津神
【性別】男神
【別名】山末之大主神、鳴鏑神

オオトシノカミの子でスサノオの孫。

日枝山ひえのやま(比叡山)と葛野かづの(京都市西京区)の松尾に鎮座し、鳴鏑なりかぶらを神体とする神様です。

名前のくいは杭を表し、大山に杭を打つ神、すなわち山の所有者を意味する山の地主神であり、農耕(治水)を司る神とされています。

カモタケツヌミ(八咫烏やたがらす)の娘・タマヨリヒメが、鴨川の上流から流れてきた丹塗りにぬりの美しい矢を拾い、それを寝床に飾っておいたところ、タマヨリヒメは解任し、男の子が生まれました。

この矢の化身がオオヤマクイで、生まれたカモワケイカヅチは、賀茂別雷神社(上賀茂神社)の祭神として祀られています。

鳴鏑とは、音を立てて飛ぶ矢のことです。

御利益

酒造守護、産業隆昌、登山安全、家系繁栄、開運招福、農業守護、厄除け、方除け

祀られている神社

  • 全国の日枝神社
  • 全国の日吉神社
  • 全国の山王神社
  • 全国の松尾神社
  • 日吉神社(千葉県東金市)
  • 松尾大社(京都府京都市西京区)
  • 日吉大社(滋賀県大津市)