日本の神様

久延毘古(くえびこ)と御利益

スポンサーリンク

久延毘古とは

【分類】国津神
【性別】不明

名前のクエビコは「かかし」のことです。

歩くことはできないけれど、一日中田んぼに立ちつくして世の中を隅から隅まで見ていることから、物知りの神様だと言われています。

オオクニヌシが美保みほの岬にいた時、海の彼方から光り輝く小人神がやってきました。

この神様の正体をスクナビコナと言い当てたのがクエビコです。

5分で読める「古事記」上巻(12)・大国主の国造り
古事記・上巻 天地のはじまり 神生みと黄泉国 三貴子の誕生 天照大御神の誓約 天岩戸神話 五穀の誕生 ヤマタノオロチ 因幡の白うさぎ 大穴牟遅神の死 ...

御利益

受験合格、学業向上

祀られている神社

  • 大神神社(奈良県桜井市)※末社の久延彦神社
  • 久氐比古神社(石川県鹿島郡中能登町)