日本の神様

久延毘古(くえびこ)と御利益




スポンサーリンク

久延毘古とは

【神格】田の神、農業の神、土地の神、博識の神
【性別】不明
【分類】国津神
【親】不明

名前のクエビコは「かかし」のことです。

歩くことはできないけれど、一日中田んぼに立ちつくして世の中を隅から隅まで見ていることから、物知りの神様だと言われています。

オオクニヌシが美保岬にいた時、海の彼方から光り輝く小さな神がやってきました。

この神様の正体をスクナビコナと言い当てたのがクエビコです。

国造りと大国主神(おおくにぬしのかみ)にまつわる神々
お嫁さんをもらったし、ヤソガミも退治したからそろそろ国造りに本腰を入れて取り組みたいオオクニヌシですが、何をどうしたら良いのやら。 そこにタイミングよく、二柱の神様が現れます。 オオクニヌシ、国造りに悩む オオクニヌシが国...

御利益

受験合格、学業向上

祀られている神社

  • 大神神社(奈良県桜井市)※末社の久延彦神社
  • 久氐比古神社(石川県鹿島郡中能登町)
ラノベ古事記 日本の神様とはじまりの物語
created by Rinker