長生エリア

神仏分離の名残りが垣間見える九十九里の古刹「観明寺」(千葉県一宮町)

玉前神社からほど近い所に、一宮町の歴史が感じられる古き良きお寺があります。

神社は時々参拝させていただくのですが、歩いてすぐのところに、こんな由緒あるお寺があるとは知りませんでした。

スポンサーリンク




観明寺とは

観明寺は天平てんぴょう6年(734年)に行基ぎょうきが開基し、慈覚大師じかくだいし円仁えんにん中興ちゅうこうしたと伝えられています。

宗派は天台宗で、江戸時代には朱印12石がありました。

四脚門

観明寺を訪れるとまず目にするのが四脚門しきゃくもんです。

江戸時代初期に建築されたと言われており、屋根は切妻型で、もともとは茅葺屋根でした(現在は銅板)。

正面の蟇股かえるまたには堀家の家紋「沢瀉おもだか」、背面の蟇股には「卍・巴」の寺社紋が彫られ、神仏混淆こんごうの名残りがあります。

※堀氏は、江戸時代の中頃に一宮と周辺の村を支配していた領主です。

本堂

旧本堂は、三十世住職・俊栄が宝永ほうえい6年(1709年)に本堂の造営を志し、享保きょうほう3年(1718年)三十二世住職・智海の代に、海岸に漂着した木材を使って建てられました。

九間四面破風造りの宏大な建築物でしたが、第二次世界大戦中に荒廃したため、現在は当時の姿を見ることはできません。

※現在の本堂は、昭和43年(1968年)に落成しています。

本尊は十一面観音で、寺伝の文書によると海上より出現したと伝えられています。

本堂正面の欄間には、房州の彫刻師・井上円徹の作と伝えられる「地獄極楽図」が彫刻されています。

山号は「玉崎山」。玉前ではなく玉崎なんですね。

扉やその他の場所には菊の紋があしらわれています。

彫刻には目を引き付けられるものがあります。

装飾された鬼瓦も、なかなか立派です。

鐘楼

金毘羅堂

金毘羅堂は江戸時代中期、町内上宿に住む信者・斉藤伝九郎が海難守護・大漁祈願のため、香川の金毘羅大将の分霊を勧請したのが始まりです。

当初は自宅の神棚に安置して信仰していましが、その後愛宕山安養寺に奉安しました。

明治維新前は玉前神社境内にお堂がありましたが、神仏混淆禁止令により、現在地に安養寺を移して仮堂とし、明治12年(1879年)に現在の姿に近い御堂が建築されました。

天保8年(1837年)と彫られた手前の御影石の柱は、元々は鳥居でした。横木は神仏分離令により取り除かれたようです。

平成6年(1994年)の解体修理で、建立年代を記した墨書きが確認され、建立が延享えんきょう5年(1748年)と分かりました。

屋根を当初の茅葺と同じ形に修復し、堂内の大部分に建立当時の材木を再利用することで、創建当時の面影が甦りました。

※建物の雰囲気は、金毘羅宮の厳魂神社(奥社)とよく似ています。

水屋

水屋は安永あんえい8年9月(1779年)の制作で、金毘羅堂とともに明治12年(1879年)階段下に移転しました。

四本の柱に彫られた上がり竜・下り竜、水屋石の彫刻が精巧で見事です(作者不明)。

平成8年(1996年)の御堂の改修後にこの地に移転し、屋根を旧来の瓦葺き入母屋作りから杮葺こけらぶききに直しています。

弁天堂

経堂

経堂は、寛文かんぶん6年(1667年)に建立されました。

釈迦石像を安置し、一切経が奉安されていましたが、老朽化が激しくなり、平成5年(1993年)に改築しました。

その他

四脚門をくぐって右側に、6体のお地蔵様が並んでいます。

本堂手前にある松がとても立派でした。

参考 あわせて立ち寄りたいおすすめスポット

玉前神社(千葉県長生郡一宮町)御由緒・御利益・御朱印
拝殿 本殿 摂末社 招魂殿 日清・日露戦争から第二次世界大戦までの、一宮出身の三二五柱の戦没者をお祀りしています。 十二神社 一宮町内にあった12社を合祀しています。 三峯神社 ...
千葉県の城址 ~ 戦が絶えず最後は本田忠勝に滅ぼされた一宮城 ~ 「城山公園」(千葉県一宮町)
一宮城と加納久宜公 一宮城とは 一宮城は、天然の地形を利用した標高約30mの台地上に築かれた平山城です。 築城時期は南北朝時代から16世紀とされていますが、詳細は不明です。 長生郡郷土誌では 永禄えいろく5...

アクセス

観明寺(かんみょうじ)

  • 住所:千葉県長生郡一宮町一宮3316
  • 電話:0475-42-2342
  • 駐車場:有
  • 参拝時間:自由
  • 公式サイト:http://tamasakiyama.com/

参考資料

御朱印でめぐる千葉のお寺
created by Rinker
千葉 ぶらり歴史探訪ルートガイド
created by Rinker