神社の参拝方法

おみくじは結んで帰ったほうがいい?また結ぶのはなぜ?

神社でおみくじを引き、「大吉」だったら持ち帰り、結果が悪いと結んで帰るという人が殆どではないでしょうか。

でも、おみくじって結んで帰った方がいいの?

スポンサーリンク

おみくじとは

御神籤おみくじとは、運勢や吉凶を占うために引く「くじ」です。

この結果は御心の表れとされる、いわば神様からのメッセージです。

おみくじは結んでも持ち帰ってもどちらでもいい

おみくじは結果にかかわらず、その後の対処についての決まりやルールはありません。

したがって、神社の御神木や結び所に結んでもいいし、持ち帰ってもいいし、どちらでもいいんです。

おみくじを結ぶのはなぜ?

おみくじを結ぶ行為は、お祓いのひとつです。

おみくじを引いて大吉ならラッキーですが、どうしても自分の意に沿わない結果が出る場合があります。

たとえば、「待ち人来ず」と出たならば、結んで帰ることにより「待ち人来ず」という未来をそこで祓って終わりにします。

すると「待ち人来たる」の未来に変わる訳です。

おみくじでやってはいけないこと

おみくじは、結果が悪いと引き直したくなりますが、「再筮さいぜいすれば穢れる」と言われ、引き直してはいけないことになっています。

どうしてももう一度引きたい時は別の神社で引き、その祭神からのメッセージを受け取りましょう。

※再筮とは、再び占う事。

おみくじを引くタイミング

おみくじは、合理的な判断だけでは決められない人生の転機(結婚、転職、引っ越しなど)に直面した時に、引きましょう。

この時に引いたおみくじは、向き合った転機が落ち着くまでを占ったものです。新たな転機が訪れた場合は、その都度引き直しましょう。

ちなみに、初詣の時に引いたおみくじは、長くても次の初詣までの1年間しか占うことができないので注意しましょう。

最後に

おみくじを引いて良い結果が出た場合は、お財布や鞄の中などに大切にしまっておきましょう。

また、結果が悪くてもがっかりせず、神社で結んで帰ることで運気を好転させましょう。

そして、何事もポジティブに考えることで運が開けていきますよ。