神社の参拝方法

神社で鈴はいつ鳴らす?タイミングと鳴らす意味について

神社で参拝する際、殆どの人は賽銭箱の真上にある鈴を鳴らしたことがあると思います。

みんながやっているから鳴らしているけど、鳴らすのはお賽銭を入れる前?手を叩く前?

鳴らすことに意味はあるの?

スポンサーリンク

鈴はお賽銭を入れた後に鳴らす

お賽銭を入れたら、鈴緒すずおを両手で持って2~3回鳴らします。

※鈴緒とは、鈴を鳴らす為についている縄の事です。

神様に好かれる神社の作法「参拝の正しい方法」
神社参拝は、神様のお宅に訪問してお参りをするということです。 私たちがよその家を訪問する際、「インターホンを鳴らす」「挨拶をする」「靴を脱ぐ」と言う風な一連の作法がありますが、神様のお宅訪問にもマナーがあります。 礼儀知...

鈴を鳴らす理由

神社で鈴を鳴らすのは、2つの理由があります。

神様をお呼びするため

鈴は、神と人を繋ぐ呼び鈴です。

鈴を鳴らすことで、神様にお参りに来ましたと知らせることができます。

祓い清めるため

鈴の清らかな音色には、魔除けの力があるとされています。

シャリンシャリンシャリンという音に浸ることによって、心の穢れを祓ってくれます。

最後に

願い事をする前に穢れを祓い、本来の素晴らしい自分を取り戻してからお参りをしましょう。