日本の神様

弥都波能売神(みづはのめのかみ)と御利益




スポンサーリンク

弥都波能売神とは

【神格】農耕と水の神
【性別】女神
【分類】国津神
【親】イザナミ

イザナミがカグツチ出産の際、陰部を焼かれて病に伏した時に尿から生まれた神様です。

名前の「ミツハ」は水つ早、三つ走の意味があり、灌漑用の水路や生活用水などの水の精霊が神格化されたものと言われています。

昔は糞尿が作物の肥料として使われていたことから、農業守護の神徳もあります。

伊邪那岐命(いざなぎのみこと)・伊邪那美命(いざなみのみこと)の神産み
イザナギ・イザナミは国産みを終えた後、さまざまな神様を生み出しました。 伊邪那岐命・伊邪那美命の間に生まれた神 二神の間には、住居に関わる神、自然に関わる神、生産に関わる神様がたくさん生まれました。 伊...

御利益

折雨・止雨・治水(豊水安全)、農耕守護、商売繁盛、子宝・安産など

祀られている神社

  • 大井神社(静岡県島田市)
  • 雨宮坐日吉神社(長野県千曲市)
  • 建水分神社(大阪府南河内郡千早赤阪村)
  • 丹生川上神社(奈良県吉野郡東吉野村)
  • 唐津神社(佐賀県唐津市)
ラノベ古事記 日本の神様とはじまりの物語
created by Rinker