日本の神様

波邇夜須毘古神(はにやすびこのかみ)・波邇夜須毘売神(はにやすびめのかみ)と御利益




スポンサーリンク

波邇夜須毘古神・波邇夜須毘売神とは

【神格】土の神、陶器の神
【性別】ハニヤスビコ(男神)・ハニヤスビメ(女神)
【分類】国津神
【親】イザナミ

イザナミがカグツチ出産の際、陰部を焼かれて病に伏した時に大便から生まれた神様です。

兄妹か夫婦かは不明。

名前の「ハニ」は土器を作るための粘土、「ヤス」は柔らかく練るという意味があり、単なる土の神ではなく、祭祀に用いる器を司っています。

イザナミの尿から生まれたミズハノメとともに肥料の神とされることもあります。

現在では、家を建てる時に行われる地鎮祭で祀られることも多い神様です。

伊邪那岐命(いざなぎのみこと)・伊邪那美命(いざなみのみこと)の神産み
イザナギ・イザナミは国産みを終えた後、さまざまな神様を生み出しました。 伊邪那岐命・伊邪那美命の間に生まれた神 二神の間には、住居に関わる神、自然に関わる神、生産に関わる神様がたくさん生まれました。 伊...

御利益

開墾守護、陶磁器業守護、土木業守護、子宝、安産守護など

祀られている神社

  • 磐椅神社(福島県耶麻郡猪苗代町)※ハニヤスビメのみ
  • 榛名神社(群馬県高崎市)※ハニヤスビメのみ
  • 赤城神社(群馬県前橋市)
  • 大井神社(静岡県島田市)※ハニヤスビメのみ
  • 愛宕神社(京都府京都市右京区)※ハニヤスビメのみ
  • 賀茂波爾神社(京都府京都市左京区)
  • 迩幣姫神社(島根県大田市)※ハニヤスビメのみ
ラノベ古事記 日本の神様とはじまりの物語
created by Rinker