日本の神様

蛭子神(ひるこのかみ)と御利益




スポンサーリンク

蛭子神とは

【神格】海の神、漁業・商業・市場・農業の神
【性別】不明
【分類】国津神
【親】イザナギ・イザナミ

イザナギとイザナミの最初の子ですが、子の数には入っていません。

性交の儀式の失敗により未熟な形をして生まれ、三歳になっても歩けず、身体が不自由なヒルコは葦船に乗せられて海の彼方に捨てられました。

摂津国西の浦(兵庫県西宮)にたどり着くと、土地の人々に拾われて大切に育てれられました。

古来の日本人は、海の向こうからからやってくる神様を来訪神として迎え入れる風習があったため、エビス様として祀られるようになりました。

伊邪那岐命(いざなぎのみこと)・伊邪那美命(いざなみのみこと)の国産み
イザナギとイザナミの二神は、ふよふよと漂っていた大地を完成させるよう、別天津神たちに命じられ、日本列島と島々を生み出しました。これを国産みと言います。 オノゴロ島 二神は天浮橋に立ち、別天津神たちから頂いた天沼矛(あめの...

御利益

商売繁盛、大漁満足、五穀豊穣、航海安全(海上安全)、開運招福、学業成就、歌舞音曲など

祀られている神社

  • 全国の恵比寿、戎、夷、蛭子神社
  • 西宮神社(兵庫県西宮市)
  • 蛭子神社(神奈川県鎌倉市)
  • 蛭子神社(徳島県那賀郡那賀町)
  • 西宮神社(栃木県足利市)
  • 須部神社(福井県三方上中郡若狭町)
ラノベ古事記 日本の神様とはじまりの物語
created by Rinker