日本の神様

淡島神(あわしまのかみ)と御利益




スポンサーリンク

淡島神とは

【神格】女性にまつわる事柄に霊験のある神
【性別】不明
【分類】国津神
【親】イザナギ・イザナミ

イザナギとイザナミの2番目の子ですが、子の数には入っていません。

ヒルコと同様に不具の子だったため、葦船に乗せられて捨てられました。

アワシマは医薬の神であるスクナビコナだったという説や、アマテラスの6番目の子で住吉明神に嫁いだのち、婦人病にかかって粟島に流されてしまったという説もあります。

以前は全国の神社で祀られていましたが、明治時代の神仏分離政策により、その多くがスクナビコナなどに置き換えられてしまいました。

伊邪那岐命(いざなぎのみこと)・伊邪那美命(いざなみのみこと)の国産み
イザナギとイザナミの二神は、ふよふよと漂っていた大地を完成させるよう、別天津神たちに命じられ、日本列島と島々を生み出しました。これを国産みと言います。 オノゴロ島 二神は天浮橋に立ち、別天津神たちから頂いた天沼矛(あめの...

御利益

婦人病治癒、安産、子授け、裁縫の上達、人形供養など

祀られている神社

  • 全国の淡島神社
  • 全国の粟島神社
  • 淡嶋神社(和歌山県和歌山市)
  • 粟島神社(千葉県白井市)
  • 粟嶋神社(和歌山県海南市
  • 粟島神社(鳥取県米子市)
  • 粟嶋神社(熊本県宇土市)
  • 粟嶋神社(大分県豊後高田市)
  • 粟嶋神社(佐伯市)
ラノベ古事記 日本の神様とはじまりの物語
created by Rinker