日本の神様

天之常立神(あめのとこたちのかみ)と御利益




スポンサーリンク

天之常立神とは

【神格】高天原を永遠不朽の空間とした神
【性別】独神
【分類】別天津神

別天津神にして造化三神のうちの一柱。5番目に現れ、神として成った後、すぐに姿を隠しました。

高天原が永遠に続く空間として確立させました。

クニノトコタチと対をなす神でもあります。

別天津神(ことあまつかみ)と造化三神(ぞうかさんしん)
別天津神 別天津神とは、天と地が開け、世界が始まった時に現れた五柱の神様のことです。 造化三神 造化三神とは、別天津神の中で最初に現れた三柱の神のことです。 天之御中主神 高御産巣日神 神産巣日神

御利益

産業開発、五穀豊穣など

祀られている神社

  • 駒形神社(岩手県奥州市)
  • 出雲大社 (島根県出雲市)※本殿に客座神として
  • 金持神社(鳥取県日野郡日野町)
ラノベ古事記 日本の神様とはじまりの物語
created by Rinker