日本の神様

宇摩志阿斯訶備比古遅神(うましあしかびひこぢのかみ)と御利益




スポンサーリンク

宇摩志阿斯訶備比古遅神とは

【神格】生命力を神格化した神
【性別】独神
【分類】別天津神

別天津神のうちの一柱。

4番目に現れ、神として成った後、すぐに姿を隠しました。

  • 宇摩志=素晴らしい
  • 阿斯訶備=葦の芽
  • 比古遅=男性

という意味です。

まだ地上が水に浮かぶ油のようにふよふよと漂っている中、葦が芽吹くかのように力強く伸びてきたものがウマシアシカビヒコヂです。

特に功績は残っていません。

別天津神(ことあまつかみ)と造化三神(ぞうかさんしん)
別天津神 別天津神とは、天と地が開け、世界が始まった時に現れた五柱の神様のことです。 造化三神 造化三神とは、別天津神の中で最初に現れた三柱の神のことです。 天之御中主神 高御産巣日神 神産巣日神

御利益

五穀豊穣、開運招福など

祀られている神社

  • 出雲大社(島根県出雲市)※本殿に客座神として
  • 高見神社(福岡県北九州市)
  • 浮嶋神社(愛媛県東温市)
ラノベ古事記 日本の神様とはじまりの物語
created by Rinker