日本の神様

国之常立神(くにのとこたちのかみ)と御利益




スポンサーリンク

国之常立神とは

【神格】国土の守護神
【性別】独神
【分類】天津神

神世七代のうちの一柱。

6番目に現れ、独神として成った後、姿を現しませんでした。

アメノトコタチと対をなす神でもあります。

神世七代(かみよななよ)
神世七代 神世七代とは、別天津神の後に現れた十二柱の神様のこと。ここで初めて男神と女神が現れます。 最終的に国土が完成し、神を生み増やしていきます。 最初の二代は一柱で一代、その後は二柱で一代と数えて七代としています。 ...

御利益

国土安穏、出世成功、開運招福、商売繁盛、悪霊退散、厄除け、病気治癒、縁結びなど

祀られている神社

  • 高椅神社(栃木県小山市)
  • 西金砂神社(茨城県常陸太田市)
  • 御岩神社(茨城県日立市)
  • 蘇羽鷹神社(千葉県松戸市)
  • 大宮神社 (千葉県千葉市)
  • 聖神社(埼玉県秩父市)
  • 十二所神社(埼玉県川口市)
  • 日枝神社(東京都千代田区)
  • 大鳥神社(東京都目黒区)
  • 二宮神社(東京都あきる野市)
  • 長尾神社(神奈川県川崎市)
  • 御嶽神社(長野県木曽郡王滝村)
  • 諸大明神社(愛知県春日井市)
  • 山津照神社(滋賀県米原市)
  • 城南宮(京都府京都市)
  • 西代神社(大阪府河内長野市)
  • 国常立神社 (奈良県橿原市)
  • 玉置神社(奈良県吉野郡十津川村)
  • 熊野速玉大社(和歌山県新宮市)
  • 若桜神社(鳥取県八頭郡若桜町)
  • 小村神社(高知県高岡郡日高村)
ラノベ古事記 日本の神様とはじまりの物語
created by Rinker