神話の神様

天日鷲神(あめのひわしのかみ)と御利益

スポンサーリンク

天日鷲神とは

【分類】天津神
【性別】男神

阿波国あわのくにを開拓し、穀麻を植えて紡績の業を創始した阿波の忌部氏いんべしの祖神です。

アマテラスを天岩戸あまのいわとから引き出すため、アメノウズメが岩戸の前で踊りだすと、弦楽器を司る神様が演奏を始めました。

その時、弦の先に鷲が止まったので、それを見た神様達は「これは世の中を明るくする吉祥を表す鳥だ」と言って、とても喜びました。

それからこの神様は名前に鷲の字を加え、アメノヒワシと呼ばれるようになりました。

日本書紀の国譲り神話では「作木綿者ゆうつくり」とされ、古語拾遺こごしゅういではアマテラスが天岩戸に隠れた際に、かじのきや木綿などを植えて白和幣しらにぎてを作ったとされています。

そのため、アメノヒワシは「麻植おえの神」とも呼ばれ、紡績業や製紙業の神様となりました。

また、アメノヒワシは酉の市の「お酉様」としても有名です。

アメノヒワシは日本書紀に登場し、古事記には登場していません。

御利益

商売繁盛、殖産、開運、開拓、繊維業守護、子孫繁栄など

祀られている神社

  • 安房神社(千葉県館山市)
  • 鷲神社(東京都台東区)
  • 大麻山神社(島根県浜田市)
  • 忌部神社(徳島県徳島市)