日本の神様

建御名方神(たけみなかたのかみ)と御利益

スポンサーリンク

楽天スーパーセール開催中(6/4・20:00~6/11・01:59)

建御名方神とは

【分類】国津神
【性別】男神

国譲りに反対し、タケミカヅチに力比べを挑むものの、一瞬で捻りつぶされてしまいました。

最後は信濃の諏訪湖に追い詰められ、この地から一歩も出ないこと、オオクニヌシやコトシロヌシに背かないことを約束して、国譲りに同意しました。

タケミナカタは信濃で国造りをし、妻のヤサカトメノカミ、兄のコトシロヌシとともに、諏訪大社に祀られています。

5分で読める「古事記」上巻(13)・国譲り神話
古事記・上巻 天地のはじまり 神生みと黄泉国 三貴子の誕生 天照大御神の誓約 天岩戸神話 五穀の誕生 ヤマタノオロチ 因幡の白うさぎ 大穴牟遅神の死 ...

御利益

五穀豊穣、国土安穏、盛業繁栄、交通安全、開運長寿、武運長久など

祀られている神社

  • 全国の諏訪神社
  • 諏訪大社(長野県諏訪市)※上社本宮
  • 諏訪大社(長野県茅野市)※上社前宮
  • 諏訪大社(長野県諏訪郡下諏訪町)※下社春宮、下社秋宮