日本の神様

天之菩卑能命(あめのほひのみこと)と御利益




スポンサーリンク

天之菩卑能命とは

【神格】稲穂の神、農業神
【性別】男神
【分類】国津神
【親】アマテラス

アマテラスとスサノオの誓約(うけい)で、スサノオがアマテラスの八尺瓊勾玉をかみ砕き、吹いた息の霧から生まれた神様です(次男)。

名前のホヒは「穂霊」として稲穂の神であるという説と、「火日」として太陽神とする説があるので、「生命力が火のように燃え盛る秀でた稲穂」を表した名前とも言えます。

葦原中国の統治に匙を投げた兄(アメノオシホミミ)に代わって地上に降り立ちますが、出雲国でオオクニヌシに心酔し、三年経っても高天原にはなんの連絡もしなかったという神様です。

アマテラスとスサノオの誓約(うけい)
イザナギとイザナミの国産み・神産みが終わると、アマテラス、ツクヨミ、スサノオの三貴神の時代が始まります。 その頃のスサノオは、世の中の秩序を破壊する乱暴者。父親に見放された弟が地面を揺るがす轟音とともに高天原にやってきたら、ア...
簡単にざっくり解説。国譲り戦争にまつわる神々
オオクニヌシの国造りにより、葦原中国はどんどん発展していきました。 それを見ていたアマテラスは、「葦原中国はもともと天津神が治める予定だったんだから、私の子孫が治めるべき」という理念のもと、オオクニヌシに国の統治権の譲渡を要求...

天之菩卑能命の子

  • アメノヒナドリ

御利益

学問上達、受験合格、縁結び、農業・蚕守護、国土開発、産業振興、商売繫盛、金運招福

祀られている神社

  • 天穂日命神社(京都府京都市伏見区)
  • 山阪神社(大阪府大阪市)
  • 道明寺天満宮(大阪府藤井寺市)
  • 馬見岡綿向神社(滋賀県蒲生郡日野町)
  • 多度大社(三重県桑名市)※末社の皇子社
  • 芦屋神社(兵庫県芦屋市)
  • 厳島神社(広島県廿日市市)※客神社
  • 能義神社(島根県安来市)
  • 出雲大社(島根県出雲市)※荒垣内の氏社
  • 天穂日命神社(鳥取県鳥取市)
  • 大江神社(鳥取県八頭郡八頭町)
  • 太宰府天満宮(福岡県太宰府)※摂社の天穂日命社
  • 北岡神社(熊本県熊本市)
ラノベ古事記 日本の神様とはじまりの物語
created by Rinker