日本の神様

天津日子根命(あまつひこねのみこと)と御利益




スポンサーリンク

天津日子根命とは

【神格】日の神、海の神、風の神
【性別】男神
【分類】国津神
【親】アマテラス

アマテラスとスサノオの誓約(うけい)で、スサノオがアマテラスの八尺瓊勾玉をかみ砕き、吹いた息の霧から生まれた神様です(三男)。

天皇家に忠誠を誓う各地の有力な氏族の祖神とされています。

氏族の分布は、近畿から関東まで広がっていることから、各地の氏族が信奉していた土着の神(産土神)の集合体とも考えられています。

アマテラスとスサノオの誓約(うけい)
イザナギとイザナミの国産み・神産みが終わると、アマテラス、ツクヨミ、スサノオの三貴神の時代が始まります。 その頃のスサノオは、世の中の秩序を破壊する乱暴者。父親に見放された弟が地面を揺るがす轟音とともに高天原にやってきたら、ア...

御利益

農業、漁業、金属工業の守護、産業開発、祈雨、海上の風難(台風)・水難・火難除けなど

祀られている神社

  • 出雲大神宮(京都府亀岡市)
  • 藍那天津彦根神社(兵庫県神戸市)
  • 少部天津彦根神社(兵庫県神戸市)
  • 多度大社(三重県桑名市)※本宮と摂社の新宮社
  • 桑名宗社(三重県桑名市)
  • 厳島神社(広島県廿日市市)※客神社
  • 王子神社(徳島県徳島市)
  • 室津神社(高知県室戸市)
  • 北岡神社(熊本県熊本市)
ラノベ古事記 日本の神様とはじまりの物語
created by Rinker