日本の神様

天津日子根命(あまつひこねのみこと)と御利益

スポンサーリンク

天津日子根命とは

【分類】天津神
【性別】男神

アマテラスとスサノオの誓約うけいで、スサノオがアマテラスの勾玉まがたまをかみ砕き、吹いた息の霧から生まれた神様です(三男)。

天皇家に忠誠を誓う各地の有力な氏族の祖神とされています。

氏族の分布は、近畿から関東まで広がっていることから、各地の氏族が信奉していた土着の神(産土神)の集合体とも考えられています。

5分で読める「古事記」上巻(4)・天照大御神の誓約
古事記・上巻 天地のはじまり 神生みと黄泉国 三貴子の誕生 天照大御神の誓約 天岩戸神話 五穀の誕生 ヤマタノオロチ 因幡の白うさぎ 大穴牟遅神の死 ...

御利益

農業、漁業、金属工業の守護、産業開発、祈雨、海上の風難(台風)・水難・火難除けなど

祀られている神社

  • 出雲大神宮(京都府亀岡市)
  • 藍那天津彦根神社(兵庫県神戸市)
  • 少部天津彦根神社(兵庫県神戸市)
  • 多度大社(三重県桑名市)※本宮と摂社の新宮社
  • 桑名宗社(三重県桑名市)
  • 厳島神社(広島県廿日市市)※客神社
  • 王子神社(徳島県徳島市)
  • 室津神社(高知県室戸市)
  • 北岡神社(熊本県熊本市)