日本の神様

手名椎神(てなづちのかみ)・足名椎神(あしなづちのかみ)と御利益




スポンサーリンク

手名椎神・足名椎神とは

【神格】子育ての神
【性別】テナヅチ(男神/)・アシナヅチ(女神/)
【分類】国津神
【親】オオヤマヅミ

二神の間には8人の娘がいましたが、毎年1人ずつヤマタノオロチに食べられてしまい、スサノオが現れた時には末娘のクシナダを残すのみでした。

スサノオがオロチを退治して須賀の地に宮殿を建てた後、宮の首長に任命されて稲田宮主須賀之八耳神(イナダノミヤヌシスガノヤツミミノカミ)という名前を与えられました。

名前のナヅは「撫でる」チは「精霊」の意味で、親が娘の手足を撫でて慈しむ様子を表しています。

また、アシナは「浅稲」で晩成の稲、テナは速稲(といな)で早稲を表しているとも言われています。

古語でヅチは「蛇」を指し、「脚無し蛇」「手無し蛇」という手足を持たない蛇の形をした蛇神を示しているとも言われています。

高天原を追放されたスサノオのその後。ヤマタノオロチ退治に関わる神々
高天原を追放されたスサノオは、地上に降り立ち、ヤマタノオロチを退治して妻を娶ります。 スサノオ、葦原中国を放浪する 髪とヒゲを切り、手と足の爪をすべて剥がされ、高天原を追放されたスサノオは地上をさ迷いました。 お腹が空いて...

手名椎神・足名椎神の子

  • クシナダヒメ

御利益

家庭円満、子育て、良縁成就

祀られている神社

  • 氷川神社(埼玉県川越市)
  • 手長神社(長野県諏訪市)
  • 足長神社(長野県諏訪市)
  • 広峯神社(兵庫県姫路市)
  • 須佐神社(島根県出雲市)
ラノベ古事記 日本の神様とはじまりの物語
created by Rinker