日本の神様

活津日子根命(いくつひこねのみこと)と御利益




スポンサーリンク

活津日子根命とは

【神格】農業神?
【性別】男神
【分類】国津神
【親】アマテラス

アマテラスとスサノオの誓約(うけい)で、スサノオがアマテラスの八尺瓊勾玉をかみ砕き、吹いた息の霧から生まれた神様です(四男)。

イクツヒコネの末裔にあたる氏族は不明ですが、平安時代に嵯峨天皇によって編纂された古代氏族名鑑「新撰姓氏録」には、タカミムスヒの子のイクツヒコネの子孫として恩智神社の神主が記載されています。

また、大阪の生國魂神社の祭神と同神という説や、滋賀県の彦根という地名はイクツヒコネの名がゆえんとも言われています。

名前のイクは「植物が芽吹く」、ヒコは「太陽の子」、子は「根または泥」という意味があると推測されます。

誓約で生まれた他の神も稲穂や農業と関係が深いことから、農業関係の神と考えておかしくないと思います。

アマテラスとスサノオの誓約(うけい)
イザナギとイザナミの国産み・神産みが終わると、アマテラス、ツクヨミ、スサノオの三貴神の時代が始まります。 その頃のスサノオは、世の中の秩序を破壊する乱暴者。父親に見放された弟が地面を揺るがす轟音とともに高天原にやってきたら、ア...

御利益

不明

祀られている神社

  • 彦根神社(滋賀県彦根市)
  • 活津彦根神社(滋賀県近江八幡市)
  • 多度大社(三重県桑名市)※末社の皇子社
  • 厳島神社(広島県廿日市市)※客神社
  • 北岡神社(熊本県熊本市)
ラノベ古事記 日本の神様とはじまりの物語
created by Rinker