日本の神様

須勢理毘売(すせりびめ)と御利益




スポンサーリンク

須勢理毘売とは

【神格】恋愛の神
【性別】女神
【分類】国津神
【親】スサノオ

スサノオが溺愛した愛娘で、オオクニヌシの正妻。

ヤソガミの追跡から身を隠すために根の国を訪れたオオクニヌシと出会い、お互い一目惚れをします。

スサノオに試練を与えられたオオクニヌシに助け船を出し、一緒にピンチを克服していきます。

オオクニヌシとスセリビメは最後に駆け落ちをし、やっとスサノオに結婚を認めてもらいます。

父親に似て気性が荒くおてんばで、嫉妬深いところもありますが、内助の功でオオクニヌシの運気を上げた愛情深い神様です。

根の国訪問と大国主神(おおくにぬしのかみ)にまつわる神々
スサノオの6代孫にあたるオオナムチが、いくつもの試練を乗り越えてオオクニヌシとなるまでのお話第3段「根の国訪問」編です。 因幡の白うさぎ 八十神の迫害 根の国訪問 オオナムチ・スセリビメ、フォーリ...

御利益

縁結び、夫婦和合

祀られている神社

  • 國魂神社(福島県いわき市)
  • 春日大社(奈良県奈良市)※末社夫婦大国社
  • 出雲大社(島根県出雲市)※摂末社の大神大后神社
  • 那売佐神社(島根県出雲市)
  • 総社宮(岡山県岡山市)
  • 備中国総社宮(岡山県総社市)
ラノベ古事記 日本の神様とはじまりの物語
created by Rinker