日本の神様

底津綿津見神(そこつわたつみのかみ)・中津綿津見神(なかつわたつみのかみ)・上津綿津見神(うわつわたつみのかみ)と御利益




スポンサーリンク

底津綿津見神・中津綿津見神・上津綿津見神とは

【神格】海の神、豊漁の神、航海の神
【性別】ソコツワタツミ(男神)・ナカツワタツミ(男神)・ウワツワタツミ(男神)
【分類】国津神
【親】イザナギ

イザナギが黄泉国から戻り、海に潜って禊をした際に生まれた神様で、三神合わせて綿津見三神と呼ばれています。

住吉三神(ソコツツノオ・ナカツツノオ・ウワツツノオ)と一緒に生まれていることから、同種別系統の神だと思われます。

ちなみにオオワタツミとは別神です。

名前のワタは「海」、ミは「神霊」で、海の底の神霊、海の中の神霊、海の表面の神霊という意味になります。したがって、三神は海原そのものの神様とも言えます。

底筒之男命(そこつつのおのみこと)・中筒之男命(なかつつのおのみこと)・上筒之男命(うわつつのおのみこと)と御利益
底筒之男命・中筒之男命・上筒之男命とは 【神格】海の神、航海の神、和歌の神 【性別】ソコツツノオ(男神)・ナカツツノオ(男神)・ウワツツノオ(男神) 【分類】国津神 【親】イザナギ イザナギが黄泉国から戻り、海に潜って禊をした...
伊邪那岐命(いざなぎのみこと)・伊邪那美命(いざなみのみこと)の神産み
イザナギ・イザナミは国産みを終えた後、さまざまな神様を生み出しました。 伊邪那岐命・伊邪那美命の間に生まれた神 二神の間には、住居に関わる神、自然に関わる神、生産に関わる神様がたくさん生まれました。 伊...

御利益

豊漁、航海安全、海上守護など

祀られている神社

  • 全国の綿津見神社
  • 全国の海神社
  • 志賀海神社(福岡県福岡市)
ラノベ古事記 日本の神様とはじまりの物語
created by Rinker