神話の神様

伊奢沙別命(いざさわけのみこと)と御利益

スポンサーリンク

伊奢沙別命とは

【分類】国津神
【性別】男神

神功皇后軍の大臣おおきみ・タケウチノスクネが神功皇后の御子を連れて高志前国こしのみちのくに角鹿つぬが(福井県敦賀市)にやってきた時、夢に現れた神様です。

イザサワケが御子と互いの名前を交換しようと持ち掛けた所、タケウチノスクネはそれを快諾。

御子は神からホムダワケ(第15代・応神おうじん天皇)という名を賜り、御子は神にミケツ大神と名付けました。

5分で読める「古事記」中巻(10)・神功皇后の新羅遠征
古事記・中巻 神武天皇の東征 神武天皇の即位 神武天皇の結婚 欠史八代 崇神天皇 垂仁天皇 倭建命の西征 倭建命の東征 倭建命の死 神功皇后の新...

御利益

豊漁、航海安全、五穀豊穣

祀られている神社

  • 氣比神宮(福井県敦賀市)