日本の神様

高御産巣日神(たかみむすひのかみ)と御利益




スポンサーリンク

高御産巣日神とは

【神格】農耕・生産の神
【性別】独神
【分類】別天津神

造化三神のうちの一柱。

2番目に現れ、神として成った後、しばらくして姿を隠しました。

別名である「高皇産霊尊」の「産霊」とは、生産・生成を意味しています。

このため、天皇が行う新嘗祭(しんじょうさい)や大嘗祭(だいじょうさい)の時に稲穂を収穫する田んぼに祀られることから、農耕や生産に深く関わる神と言えます。

アマテラスと並ぶ高天原の最高司令官であり、皇室の祖先となるニニギが天孫降臨する前に、葦原中国を平定させました。

ちなみに、ニニギの父はアマテラスの息子、母はタカミムスヒの娘です。

神武東征の時には、熊野で神武天皇に霊剣を授けたり、八咫烏(やたがらす)を道案内として派遣し、ピンチを救っています。

別天津神(ことあまつかみ)と造化三神(ぞうかさんしん)
別天津神 別天津神とは、天と地が開け、世界が始まった時に現れた五柱の神様のことです。 造化三神 造化三神とは、別天津神の中で最初に現れた三柱の神のことです。 天之御中主神 高御産巣日神 神産巣日神

高御産巣日神の子

  • オモイカネノカミ
  • ヨロヅハタトヨアキツシヒメノミコト
  • フトダマノミコト

御利益

諸願成就、開運招福、厄除け、縁結びなど

祀られている神社

  • 安達太良神社(福島県本宮市)
  • 田間神社(千葉県東金市)
  • 東京大神宮(東京都千代田区)
  • 四柱神社(長野県松本市)
  • 天神神社(岐阜県瑞穂市)
  • 赤丸浅井神社(富山県高岡市)
  • 高牟神社(愛知県名古屋市)
  • サムハラ神社(大阪府大阪市)
  • 天神社(奈良県大和高田市)
  • 高天彦神社(奈良県御所市)
  • 名草神社(兵庫県養父市)
  • 出雲大社(島根県出雲市)※本殿に客座神として
  • 御祖神社(福岡県北九州市)
  • 高御魂神社(長崎県対馬市)
ラノベ古事記 日本の神様とはじまりの物語
created by Rinker