神話の神様

ご朱印帳のラベルは市販のシールが便利!!自分で書かなくても表紙を綺麗に飾れます

そろそろ御朱印帳が2冊目に突入します。

初めてのご朱印帳は表題が手書きでしたが、今度の御朱印帳も手書きタイプ。

自分の汚い字を神社の人に見られるのが恥ずかしいので、行きつけの雑貨屋さんで表題シールを購入しました。

あると便利!!御朱印帳を大切に使うためのグッズあれこれ
御朱印を戴く様になって半年が過ぎました。 最初は何も分からずに御朱印帳を購入しましたが、実際に使ってみると不便な部分もありました。 そこで、神社参拝を楽しくするための、御朱印便利雑貨を紹介したいと思います。 御...
スポンサーリンク

めじるし表題シール「招き猫」

一番欲しかった鳥居と鈴のシールが無かったので、福がやって来そうな「招き猫」のシールにしました。

3枚入りなのであと2回使えます。

違うイラストが3枚入っていても良い感じがしましたが、これはこれで可愛くて良いです。

オリジナリティを求めるなら、パソコンでデザインして作るのもひとつの手ですが、ラベルシールを買うとコストが高くなっちゃいますね。

手書きとの比較

恥ずかしながら、1冊目との比較です。

筆に慣れていないため書体がイマイチ。シールが縦長なのでバランスを取るのが難しく、文字間隔が微妙にオカシイ。結局、2枚書いたうちのマシな方を貼ったという次第です。

やっぱり表題シールの方がシュッとして、手書きよりも断然いいですね。

最後に

いただいた御朱印を眺めていると、表題を筆書きにしたくなる時があります。

もしも筆書きにこだわるならば、お習字を練習してチャレンジするとさらに価値がある1冊になると思います。

最初から筆の心得があればいいんですけどね。