日本の神様

刺国若比売(さしくにわかひめ)と御利益




スポンサーリンク

刺国若比売とは

【神格】蘇生の神
【性別】女神
【分類】国津神
【親】サシクニオオノカミ

ヤソガミの迫害によって息子のオオナムチ(後のオオクニヌシ)を殺された時、カミムスヒに助けを求め、サキガイとウムギを派遣してもらい、蘇生を成功させます。

その後にまたオオナムチがヤソガミに殺されると、泣きながら息子を探し回り、その亡骸を介抱することで再び蘇生させます。

このままでは本当に殺されると思い、オオナムチをオオヤビコの元へ逃します。

夫はアメノフユキヌ。

八十神(やそがみ)の迫害と大国主神(おおくにぬしのかみ)にまつわる神々
スサノオの6代孫にあたるオオナムチが、いくつもの試練を乗り越えてオオクニヌシとなるまでのお話第2段「八十神の迫害」編です。 因幡の白うさぎ 八十神の迫害 根の国訪問 オオナムチ、ヤソガミに逆恨みさ...

刺国若比売の子

  • オオクニヌシ

御利益

受難再生、次なる発展への出立

祀られている神社

  • 宮木諏訪神社(長野県上伊那郡辰野町)
  • 赤猪岩神社(鳥取県西伯郡南部町)
ラノベ古事記 日本の神様とはじまりの物語
created by Rinker