日本の神様

菊理媛神(くくりひめのかみ)と御利益

スポンサーリンク

菊理媛神とは

【分類】天津神
【性別】女神

黄泉国からやっとのことで帰還したイザナギと、追ってきたイザナミは黄泉比良坂で激しい言い争いを始めます(日本初の夫婦喧嘩)。

この時、ククリヒメが現れて両神の言い分を聞き、仲直りさせています。

白山神社でイザナミ・イザナミの二神が一緒に祀られているのは、神話に由来しているからとも言われています。

名前の「菊理媛」は括りという意味があります。

イザナギとイザナミの仲を取り持ったことからの名前と言えます。また、菊の花の古名を久々くくとしたことから「括る」に菊の漢字をあてたともされています。その他にも糸を紡ぐ(括る)ことに関係がある説、くくりの意味で水神とする説もあります。

ククリヒメは日本書紀に登場し、古事記には登場していません。
5分で読める「古事記」上巻(2)・神生みと黄泉国
古事記・上巻 天地のはじまり 神生みと黄泉国 三貴子の誕生 天照大御神の誓約 天岩戸神話 五穀の誕生 ヤマタノオロチ 因幡の白うさぎ 大穴牟遅神の死 ...

御利益

夫婦円満、開運招福、家内安全、五穀豊穣、牛馬安産、大漁満足など

祀られている神社

  • 全国の白山神社
  • 全国の白山社
  • 白山神社(新潟県新潟市)
  • 長滝白山神社(岐阜県郡上市)
  • 白山比咩神社(石川県白山市)