日本の神様

大綿津見神(おおわたつみのかみ)と御利益

スポンサーリンク

大綿津見神とは

【分類】国津神
【性別】男神

イザナギとイザナミが生んだ神様です。

海にまつわる神様の中で一番最初に生まれた神様です。

名前の「綿」は海を意味することから、オオワタツミは海そのものであり、海洋や海中の生物全般を守護しています。

海幸彦うみさちひこ山幸彦やまさちひこ神話で、山幸彦が無くした釣り針を探し出したのがオオワタツミです。

5分で読める「古事記」上巻(2)・神生みと黄泉国
古事記・上巻 天地のはじまり 神生みと黄泉国 三貴子の誕生 天照大御神の誓約 天岩戸神話 五穀の誕生 ヤマタノオロチ 因幡の白うさぎ 大穴牟遅神の死 ...

御利益

航海安全、漁業繁栄、海上交通安全、豊漁、水難除け

祀られている神社

  • 全国の綿津見神社
  • 全国の海神社
  • 渡海神社(千葉県銚子市)
  • 穂高神社(長野県安曇野市)
  • 二見興玉神社(三重県伊勢市)
  • 林神社(兵庫県明石市)
  • 小江神社(兵庫県豊岡市)
  • 田土浦坐神社(岡山県倉敷市)
  • 由加神社本宮(岡山県倉敷市)
  • 沼名前神社(広島県福山市)
  • 水上神社(島根県大田市)
  • 風浪宮(福岡県大川市)
  • 志賀神社(福岡県糟屋郡粕屋町)
  • 浜殿神社(長崎県対馬市)
  • 永尾神社(熊本県宇城市)
  • 鹿児島神社(鹿児島県鹿児島市)
  • 飯倉神社(鹿児島県南九州市)
  • 高千穂神社(宮崎県西臼杵郡高千穂町)